注目のスタートアップ

精神疾患・メンタルヘルスのAI診断サービスを開発する「Medi Face」が3,100万円調達

company

2022年7月1日、株式会社Medi Faceは、総額約3,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Medi Faceは、精神疾患・メンタルヘルスのAI診断サービス「Medi Face」を開発しています。

AIによる5分程度の問診によりメンタルチェックができるサービスです。

診断・チェック精度の向上のため、精神科医や産業医が診断・面談時に見ている表情、声、話し方などの非言語情報をWebで取得し、AIの診断に活用しています。

現在「Medi Face」は、法人向けのメンタルヘルスチェック・コンサルティングSaaSとしての普及を目指し、将来的には多くの人びとのメンタルヘルスをさまざまな角度から支えることを目指します。

今回の資金は、開発体制の強化、大学施設との共同研究の開始、toC向けのサービス開発などに充当します。

また、ストレスチェックサービスを提供している株式会社HRデータラボと業務提携し「Medi Face」の販売体制を強化しています。

厚生労働省の「平成30年版厚生労働白書」によると、2017年においてこころの病気の患者数は、約300万人となっています。

さらに新型コロナウイルス感染症の流行により、国内では鬱病の患者が倍増したとの報告もあります。

メンタルヘルスの不調は目に見えず気づきづらいものであり、本人でも把握できないこともあります。

国内では労働者の自殺の増加が問題となり、職場でのメンタルヘルス対策が推進されました。2015年12月から労働者50人以上の職場ではストレスチェックが義務化されるなど、政府による取り組みも進んでいます。

一方で、精神疾患に対し社会的な偏見(スティグマ)があることから、病院やクリニックで診察を受けたり通うことに心理的な抵抗があるという課題があります。

精神疾患においても早期に治療できれば、回復も早く軽症で済むことがわかっているため、早期発見・早期治療が重要なのですが、スティグマのせいで受診のタイミングが遅くなっている現状があります。

そのため、より簡単・カジュアルにメンタルヘルスをチェックできる仕組みが求められています。

「Medi Face」は、スマートフォンやPCにより、AIを活用したメンタルヘルスチェックを実現するサービスです。

企業では生産性の向上や社会的責任を果たすため、従業員の健康を管理する健康経営の取り組みが進んでいます。

AIを活用したメンタルヘルスケアサービスは手軽に導入できるため、今後さらに普及していくと考えられます。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレスチェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AI診断 SaaS ストレスチェック メンタルヘルス 健康管理 健康経営 株式会社 精神疾患 精神科 診断 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマホからセラピストを呼べるリラクゼーションマッチングアプリ提供の「HOGUGUテクノロジーズ」が資金調達
2021年12月20日、株式会社HOGUGUテクノロジーズは資金調達を実施したことを発表しました。 訪問型リラクゼーションサービス「HOGUGU(ホググ)」を運営しています。 自宅・滞在中のホテル・オ…
資金調達支援の「SoLabo」が経営者向け「資金調達の無料相談」を実施
2021年1月5日、株式会社SoLaboは、緊急事態宣言対策の資金調達に関する無料相談を受け付けることを発表しました。 この無料相談は、再度発表されると予想されている緊急事態宣言に向けたものです。 緊…
身近に発生する法律トラブル解決を実現するサービスを開発する「キビタス」が8,000万円調達
2022年3月25日、キビタス株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 キビタスは、身近に発生する法律トラブル解決を実現するサービスを開発しています。 第1弾のプロダクト…
ローカル・コミュニティやコワーキング・スペース運営の「ATOMica」が1.8億円調達
2020年3月26日、株式会社ATOMicaは、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 株式会社ビットキーと株式会社ディーサイングループのジョイント・ベンチャーとして2019…
金融工学×AIの「MILIZE」が金融・経済メディア運営の「ZUU」と資本業務提携
2021年4月23日、株式会社MILIZEは、株式会社ZUUと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 MILIZEは、AIを活用した売上予測ツールや、投資判断ツール、トレーディング支援ツールか…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ