注目のスタートアップ

ユーザーの分身であるパーソナル人工知能「P.A.I.」を開発する「オルツ」が35億円調達

company

2022年6月1日、株式会社オルツは、総額約35億円の資金調達を実施したことを発表しました。

オルツは、デジタルクローン「P.A.I.」の開発や、AIを活用した自動議事録サービス「AI GIJIROKU」、Web会議の映像自体も瞬時に書き換えるリアルタイム通訳「AI通訳」などのAIソリューションの開発・提供を行っています。

「P.A.I.」は、個人の意思をデジタル化(デジタルなクローンを作成)し、クラウド上に配置することでデジタル作業を肩代わりさせることを目的としたAIです。

今回の資金は、Voice-to-Text(音声からテキストへの変換)市場でのシェア獲得や、「P.A.I.」事業の加速のため、プロモーションや、人材採用、研究・開発に充当します。

AI技術は、画像・動画解析や、音声認識・解析などの自然言語処理など、様々な領域で活用されるほどに発展しています。

いまやビジネスにおいて効率化を実現するシステムのほとんどにはAIが搭載されており、これまでは実現できなかった大幅な効率化を実現しています。

音声データはテキストや画像と比べ、活用が難しいデータのひとつです。また、大体は音声そのものではなく、話されている内容が重要であることが多いため、音声を一度テキストに変換してから処理をするという方法が一般的です。

たとえば、Web会議システムなどでは話された内容を自動でテキストに変換し書き起こしを行うといった機能が搭載されていることがあります。ほかにもコールセンターなどでは話された内容をテキストに変換して蓄積することでよりデータ活用を容易にし業務の効率化を図っています。

ビジネスの現場では音声によるコミュニケーションや業務が多く行われています。そのため音声をテキストへと変換し、そのデータを活用するのは大きなニーズがあるのです。

デジタル時代において企業の利益を最大化させるためには、テクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AI GIJIROKU AI通訳 オルツ クローン デジタル パーソナル人工知能 人工知能 意思 株式会社 自動 議事録 資金調達 通訳
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

高高度ガス気球や旅行用気密キャビンを設計・開発する「岩谷技研」が資金調達
2021年10月20日、株式会社岩谷技研は、資金調達を実施したことを発表しました。 これにより、累計調達額は5億3,000万円となりました。 岩谷技研は、高高度ガス気球や、旅行用気密キャビンを設計・開…
音声制御型ボット開発の「Orion Labs」が1825万ドル調達
アメリカ・サンフランシスコを拠点とする、Orion Labs は、1825万ドル(約20億円)の資金調達を実施しました。 仕事場向けの音声制御型ボットや、音声制御型ボット用のデバイス「Onyx」を開発…
微生物群を使用した廃棄物処理技術を提供する「komham」が5,000万円調達
2021年3月30日、株式会社komhamは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 有機性廃棄物を高速分解/減容する能力を持つkomham菌の研究と、komham菌を活用したバイオマ…
空間デジタル演出の「プリズム」と空間づくりの「丹青社」が業務提携
2020年10月5日、株式会社プリズムは、株式会社丹青社と、業務提携に関する協定書を取り交わしたことを発表しました。 プリズムは、イベント・コンサート・舞台などにおいて、映像やデジタル技術を駆使した空…
自動野菜収穫ロボット開発の「inaho」が資金調達
2019年8月28日、inaho株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 自動野菜収穫ロボットと、そのロボットを活用したSaaSモデルのサービスを開発しています。 今回の資金は以下の点の強化…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ