注目のスタートアップ

新規事業に出会えるプラットフォーム運営の「Spready」が1.1億円調達

company

2022年1月20日、Spready株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

新規事業に出会えるプラットフォーム「Spready(スプレディ)」、相互理解サポートツール「ProfieeTeams」、自己紹介(プロフィール)作成サービス「Profiee」を運営しています。

「Spready」は、企業の掲載する新規事業テーマや出会いたい人に対し、登録ユーザー(スプレッダー)が自身の知り合いの中から相応しい人を紹介するCtoC紹介サービスです。

企業の新規事業領域における新しい出会いの創出を目的としたサービスです。

スプレッダーに対するインセンティブは金銭報酬ではなく、新商品や話題のサービスを試すことができる独自のリワードプログラムを用意しています。

ビジネスでの成功には、偶然の出会いや予想外の発見などが関係していることがよくあります。

成功の要因である偶然や幸運はセレンディピティと呼ばれており、イノベーションをもたらすものとして重要であると考えられています。

実際、経営学においてもセレンディピティは研究されており、ほとんどのビジネスでセレンディピティが存在しており、とりわけ着想の部分に集中していることが明らかになりつつあります。

しかし新型コロナウイルス感染症の流行により、我々はリアルでの偶然の出会いなどが少なくなってしまいました。

そのためイノベーションを起こすためには、意図的に偶然の出会いを創出しなくてはならないのです。

Spreadyは、企業の新規事業創出の領域において、新しい出会いを創出するプラットフォームを提供しています。

副業の解禁やキャリア形成の価値観の変化などもあり、個人の方も新たな出会いを求めている時代でもあります。こういったプラットフォームはさらなる広がりを見せていくと考えられます。

起業家はどのような出来事からユニークなアイデアを創出しているのでしょうか? シリーズ発行累計200万部を突破した「冊子版創業手帳」では、様々な事業を手掛ける起業家のインタビューを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CtoC Profiee Spready イノベーション スプレディ セレンディピティ プラットフォーム 出会い 新規事業 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ハードウェア開発のデータ一元管理クラウドサービス「PRISM」開発の「Things」が資金調達
2021年12月3日、株式会社Thingsは、資金調達を実施したことを発表しました。 ハードウェア開発のデータ一元管理クラウドサービス「PRISM」を開発しています。 図面・CAD・回路図・部品表・変…
製造現場のデータ活用サービス「カカナイ」提供の「Mountain Gorilla」が1億円調達
2020年8月3日、株式会社Mountain Gorillaは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 製造現場のデータ活用サービス「カカナイ」を提供しています。 製造現場で使っている帳票…
ガバナンス・リスク・コンプライアンス管理ソリューション提供の「GRCS」が1.6億円調達
2019年12月3日、株式会社GRCSは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 GRC(ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス)領域の課題を解決するソリューションを提供して…
レーザー核融合商用炉の実用化を目指す「EX-Fusion」が3,100万円調達
2022年3月31日、株式会社EX-Fusionは、3,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 EX-Fusionは、レーザー核融合を研究してきた大阪大学レーザー科学研究所や光産業創成大学…
電通グループの「マイデータ・インテリジェンス」が情報銀行「MEY」のスマホ・アプリをリリース
株式会社マイデータ・インテリジェンスは、「MEY」のスマートフォン・アプリ版の提供の開始を発表しました。 併せて、「情報銀行トライアル企画」を、一般モニター約12,000名、参加企業全10社で、201…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ