注目のスタートアップ

アプリ・外部サービス・IoTをつなぐことで快適な働き方を実現する「WorkstyleOS」提供の「ACALL」が10億円調達

company

2022年5月25日、ACALL株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ACALLは、様々なワークスペース、モノ、行動、人をつなげ、どこでも安心・安全・快適な働き方を実現するプラットフォームです。

スマートオフィス化のために必要な受付・入退館の自動化や座席などのチェックイン管理機能、リモートワークでも場所・ステータスを共有できる機能、会議室予約・管理機能、IoT・外部サービス・アプリとの連携などにより、最適な働く環境を実現するサービスです。

今回の資金は、オフラインのDX体験向上とオンライン上でのコミュニケーションの活性化(チェックイン体験向上)のための機能拡充・開発、プロダクト機能のグローバル対応に充当します。

新型コロナウイルス感染症の流行により、多くの企業ではテレワーク・リモートワークの導入が進みました。

しかし、導入の流れは急激だったため、環境の整備が間に合っておらず、勤怠管理はどうするのか、オフィスとの連携はどうするのか、コミュニケーションをどう促すのか、といった課題が顕在化しました。

感染症対策とワクチン接種が進んだことで、テレワークを感染症対策としてではなく、戦略的に組織運営に組み込んでいく考え方が浸透し、多くの企業はオフィスワークとテレワークを融合させたハイブリッドワークを採用するようになっています。

ハイブリッドワークは、ひとりで集中して取り組みたい仕事はテレワークで、チームでコミュニケーションを取りながら進めたい仕事はオフィスワークで、と目的によって働き方を柔軟に変更できることが大きなメリットです。

これにより生産性の向上などが見込めますが、一方でこの新たな働き方において生産性を把握するための指標がまだ定まっておらず、組織も従業員もどのような働き方が効率的なのか把握できていません。

そのため、ハイブリッドワークで生産性を向上させるためには、オフラインとオンラインの双方のことを考えた働く環境を整備しなくてはなりません。

「WorkstyleOS」は、このような課題を様々な視点から解決することを目的としたプラットフォームであり、2022年1月時点で6,000社の導入実績をほこっています。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ACALL DX IoT WorkstyleOS アプリ オフィス コミュニケーション サービス スマート チェックイン プラットフォーム リモートワーク 体験 働き方 株式会社 管理 自動化 資金調達
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

卵子凍結サービス「Grace Bank」などを提供する「グレイスグループ」が2.8億円調達
2022年4月1日、株式会社グレイスグループは、総額約2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 グレイスグループは、卵子凍結サービス「Grace Bank(グレイスバンク)」や、女性…
iPS細胞を利用した水疱性角膜症に対する再生医療等製品開発の「セルージョン」が11億円調達
2022年1月7日、株式会社セルージョンは、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 「増殖性に優れるiPS細胞から角膜内皮代替細胞を効率的に作り出す技術」と「簡便な手技で属人的技術を不要…
​次世代型テーマパーク「リトルプラネット」運営の「プレースホルダ」が6億円調達
2019年11月29日、株式会社プレースホルダは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタル技術を活用した次世代型テーマパーク「リトルプラネット」の企画開発・運営を行っています。 …
ビジネス文書のオンライン受取・電子保存サービス「sweeep Box」がリリース
2022年5月18日、sweeep株式会社は、新サービス「sweeep Box」を正式に提供開始したことを発表しました。 「sweeep Box」は、ビジネス文書のオンライン受取と電子保管に特化したサ…
ドローン用アプリ開発などの「ORSO」と大分のICT企業「オーイーシー」が業務提携
平成30年2月8日、株式会社ORSOは、株式会社オーイーシーと業務提携を行うことを発表しました。 ORSOは、民間や自治体向けにドローンアプリやツールの開発、スマートフォン向けゲームアプリの開発などを…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ