注目のスタートアップ

実店舗・EC・卸のオムニチャネル管理に対応する中小企業向けクラウドERP「キャムマックス」を提供する「キャム」が2億円調達

company

2024年1月19日、株式会社キャムは、第三者割当増資と資本性ローンにより総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

キャムは、実店舗・EC・卸のオムニチャネル管理に対応する中小企業向けクラウドERP「キャムマックス」を提供しています。

「キャムマックス」は、ノンカスタマイズで受発注から会計まで対応する中小企業向けのクラウドERPです。

POSデータ・ECカート・EDIなどと連携し、実店舗・EC・卸の受注・在庫の一元管理を実現します。

搭載している機能は、「販売管理」「購買管理」「在庫管理」「財務会計」「機能連携」です。

また、クラウド型であるため、ネットワーク環境とPCなどのデバイスがあればどこからでも利用が可能です。

今回の資金は、「キャムマックス」のさらなる機能と外部連携の強化、マーケティング、人材採用などに充当します。


ERP(Enterprise Resource Planning)とは、主に大企業で採用される基幹システムです。ERPは企業に存在するさまざまな業務データの一次元管理を実現するためのシステムであり、とくに大量のデータを効率的に管理しなくてはならない大企業において重要なシステムとして稼働しています。

一方、旧来のERPは企業ごとにカスタマイズが施され、年々肥大化・老朽化し、管理・保守に多大なコストがかかるという課題を生んでいます。さらに多くのERPはオンプレミス型であり、近年のテレワーク環境への対応が難しいといった課題を抱えています。さらには、近年はSaaSといった新たなサービスが登場し、こういった新たなシステムの導入・対応が重要となっているのですが、ERPは新たなシステムに対応する柔軟性がなく、新たにカスタマイズを施す必要があります。

したがって現在は、柔軟性・拡張性を備えた次世代型のERPが登場し、導入が進められています。

こうした中で、中小企業においてもデジタルデータを扱う業務が増加しており、一元管理を実現するシステムのニーズが高まっています。次世代型のERPはその基幹システムとして注目されており、今後中小企業においても基幹システムとしての導入が進んでいくと考えられています。

大きな組織ではすでに利用しているシステムがあり、それを変更することには大きな労力が伴います。しかし創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

また、システム整備には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB EC ERP オムニチャネル カスタマイズ キャム キャムマックス クラウド 一元管理 中小企業 会計 受注 受発注 在庫 基幹システム 実店舗 株式会社 連携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

VR酔いを防ぐ移動技術を保有する「UNIVRS」が1億円調達
2020年7月30日、株式会社UNIVRSは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 特許出願中のVR酔いを防止する移動技術を保有しています。 今回の資金で、現在進めている以下の事業の拡…
ブロックチェーンなどを活用した推し活プラットフォームなどを開発する「oshimo」が4,000万円調達
2022年10月12日、oshimo株式会社は、4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 oshimoは、ブロックチェーンやNFTなどWeb3のテクノロジーを用いた推し活プラットフォーム…
360度VRコンテンツを簡単に制作・編集できるクラウドソフトウェア提供の「スペースリー」が4億円調達
2022年9月6日、株式会社スペースリーは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スペースリーは、360度VRコンテンツを簡単に制作・編集できるクラウドソフトウェア「スペースリー」を開発…
EC基幹システム「ecforce」提供の「SUPER STUDIO」が18億円調達
2021年6月9日、株式会社SUPER STUDIOは、総額18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 EC基幹システム「ecforce」や、マーケティングからサプライチェーンの構築を運用代行形…
プライシング変革支援事業などを展開する「ハルモニア」がホームセンター「カインズ」と資本業務提携
2022年12月20日、ハルモニア株式会社は、株式会社カインズと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 ハルモニアは、パートナー企業のプライシングを戦略策定からシステム化まで一気通貫で支援す…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】