「ウェルファーマ」が粒子径100nm以下のナノCBD(カンナビジオール)原料の開発・量産化に成功 5/24から販売開始

tips

2022年5月17日、株式会社ウェルファーマは、「ナノCBD製剤」2種の開発と量産化に成功し、2022年5月24日(火)から国内でのサンプル供給と販売流通を開始することを発表しました。

ウェルファーマは、CBD(カンナビジオール)の原料輸入販売・CBD製品のOEM受託事業、CBD原料のナノ製剤の研究開発などを展開しています。

ナノCBBは、CBD粒子サイズが小さく、これまでのものより効果的に血中に取り込まれやすいことを特徴としています。

これまでもナノCBDは多く流通し、様々な製品に利用されています。一方で、ナノの定義が曖昧であることや、製品化後に結晶化してしまい、吸収されにくいもの(安定性の低い)ものがあることが課題となっています。

今回の「ナノCBD製剤」は安定性が高く、100nm以下であることを特徴としています。

CBD(カンナビジオール)とは、大麻などに含まれている天然成分で、鎮痛・抗炎症作用、うつの改善、睡眠の改善、精神的・肉体的緊張の緩和など様々な効果・効能をもっています。

CBDは大麻からも抽出されることから危険なものと見られることもありますが、向精神作用をもたらす成分はTHCであり、THCを含まないCBD製品ならば国内では合法となっています。

また、依存などの重篤な副作用もないため、近年はヘルスケアやビューティー領域の食品・化粧品が増え、雑誌などでも取り上げられることもあり、消費者に大きく注目されています。

特に抗炎症作用については、スポーツの領域で注目されています。スポーツ選手が練習・トレーニング前後に使用することで、身体の痛みの軽減や、炎症を抑えることに使えるのです。

通常の鎮痛剤は依存症があるものも存在しており、ドーピング指定薬物であるため使用できないというものもあるため、CBDを鎮痛剤の代替として使うという事例も見られます。

CBDの一部は世界アンチ・ドーピング機構(WADA)による規制の対象外となっているため、今後使用例が増えてくると考えられています。

一方、CBDは薬ではないため、薬事法によって販売時に効果を具体的に書くことができず、PR・マーケティングが難しいという課題があります。そのため日本でのCBD製品はブランディングを重視していたり、第三者からの口コミなどが重要となっています。

プロダクトのみでの差別化が難しい領域では、自社のビジョンやプロダクトに関する情報発信によるブランディングが重要となっています。「冊子版創業手帳」では、インターネットを活用したPRなど、マーケティング・ブランディングに関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ CBD OEM ウェルファーマ カンナビジオール ナノCBD 株式会社 研究開発 製剤 製品 製造 資金調達 輸入販売
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI面接サービス「SHaiN」提供の「タレントアンドアセスメント」が3.35億円調達
株式会社タレントアンドアセスメントは、総額3億3,460万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン・アプリなどを介してAIが面接を行うサービス「SHaiN」を提供しています。 応募者…
デジタルテクノロジーを用いたデザイン思考・手法を学べる設計者向けオンラインプラットフォーム「EMARF CONNECT」がローンチ
2022年6月10日、VUILD株式会社は、「EMARF CONNECT」をローンチしたことを発表しました。 「EMARF CONNECT」は、デジタルテクノロジーを用いたデザイン思考・手法を学び、実…
スニーカー売買プラットフォーム「モノカブ」運営の「Brhino」が2.2億円調達
2019年11月11日、株式会社Brhinoは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スニーカー売買プラットフォーム「モノカブ」を運営しています。 取引時にすべての商品を鑑定…
ヒト型糖鎖の大量調製技術とバイオ医薬品を開発する「糖鎖工学研究所」が資金調達
2022年5月24日、株式会社糖鎖工学研究所は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、京都中央信用金庫と中信ベンチャーキャピタル株式会社が設立した「中信ベンチャー・投資ファンド6号投資事業…
ホルモンバランスが原因で生じる女性の悩みをサポートするスイーツブランド「MOON TREATS」運営の「eminess」が資金調達
2021年12月1日、株式会社eminessは、資金調達を実施したことを発表しました。 ホルモンバランスが原因で生じる女性の悩みに「食」で寄り添うスイーツブランド「MOON TREATS」を展開してい…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ