注目のスタートアップ

チャットボットにより新たな接客体験・購買体験を届ける「ジールス」を展開する「ZEALS」が50億円調達

company

2022年5月12日、株式会社ZEALSは、総額50億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ZEALSは、チャットコマース「ジールス」を展開しています。

AIチャットボット×コミュニケーションデザインにより、ユーザーに新たな接客体験・購買体験を届ける、完全成果報酬型のサービスです。

「ジールス」を導入することで、企業はユーザーとの会話を通じて、オンラインでの新たな接客体験を提供することができるようになります。

今回の資金は、プロダクト開発・販売体制の強化、チャットコマースの海外展開、NLG(自然言語生成)分野に投資します。

チャットボットとは、AIチャットにより顧客が必要とする情報を提供したり手続きを行ったりするサービスです。

ECにおいては問い合わせ対応などにおいて高い効果が確認できており、多くの企業が導入を始めています。

ユーザーに新たな接客体験・購買体験を提供したり、顧客対応のコストを削減するだけでなく、顧客データの収集も行え、データドリブンな経営・マーケティングに活用できることも大きなメリットです。

さらに、近年は顧客との接点(チャネル)が、メール・電話・EC・SNSなど多様化(マルチチャネル化)しています。増え続ける顧客対応の業務負担を削減し、顧客のニーズに応えていくためにもチャットボットが必要となっているのです。

一方で、ただチャットボットを導入するだけで顧客に良い体験を提供できるわけではありません。むしろ質の悪いチャットボットでは、顧客が必要としている情報を提供できなかったり、最適な案内ができず、企業・サービスへの印象低下につながってしまいます。

そのためチャットボットの導入にあたっては、顧客管理システム(CRM)などとの連携するなど、一体的にシステムを構築する必要があるのです。

ECサイトに導入し新たな顧客体験を提供できるサービスがつぎつぎと誕生しています。ECサイトを自社で構築することは、ブランディングの面でも有効かもしれません。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC Zeals ジールス チャット・コマース チャットボット マーケティング 接客 株式会社 資金調達 顧客体験
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

宿泊ギフトサービス「StayGift」提供の「トリピ」が1,200万円調達
2022年2月24日、株式会社トリピは、1,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2021年10月28日には、総額3,800万円の資金調達を実施しています。 トリピは、宿泊ギフトサ…
サブスクリプション型イベント予約プラットフォーム運営の「Sonoligo」が5,000万円調達
2019年11月13日、株式会社Sonoligoは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サブスクリプション型のイベント予約プラットフォーム「Sonoligo」を運営しています。 音…
「SUSHI TOP MARKETING」と「​大日本印刷」がNFTを活用したコンテンツビジネスで業務提携
2022年7月12日、SUSHI TOP MARKETING株式会社は、​大日本印刷株式会社と、業務提携することを発表しました。 SUSHI TOP MARKETINGは、ブロックチェーン上の公開情報…
キャリア選択支援サービス運営の「ポジウィル」が資金調達
2019年11月12日、ポジウィル株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 求職者が課金するオンライン有料転職相談サービス「そうだんドットミー」と、2カ月で徹底的に自分を変える「ゲキサポ!転…
産業用ドローンを開発する「ACSL」が農業支援ロボットを開発する「アイ・イート」と資本業務提携
2022年5月13日、株式会社ACSLは、アイ・イート株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 ACSLは、産業用ドローンの開発・提供や、自律制御技術をコア技術とした、無人化・IoT…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ