注目のスタートアップ

経営管理プラットフォーム提供の「DIGGLE」が4億円調達

company

2022年9月7日、DIGGLE株式会社は、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

DIGGLEは、経営管理プラットフォーム「DIGGLE」を提供しています。

経営管理フローの最適化と経営情報の一元化を実現するプラットフォームです。

予算策定・予実突合・見込管理・レポートなどの経営管理業務をプラットフォームに集約することで、スピーディなアクションと、経営層・事業部とのスムーズなコミュニケーションを実現します。

今回の資金は、プロダクト開発、人材採用、マーケティング・セールスの強化などに充当します。

プロダクト開発では年内に、より大規模なデータの処理が可能となる機能改善を予定しています。

経営管理とは、会社・組織が事業拡大や効率化といった目的を達成するため、社内のリソースを管理し最適化や統括することです。

管理の対象は、生産、販売、人事・労務、購買、財務などがあります。

経営管理は会社経営の根本を担う重要なものです。これを改善・効率化・高精度化することで業績の向上が期待できます。

一方で経営管理は、管理を行うものが多岐にわたり、複雑な企業活動をすべて把握しコントロールしなくてはならず、大きな負荷がかかる業務でもあります。

適切な経営管理を実現するには、管理項目の可視化と適切なKPI(評価指標)の設定が必要となります。これらを実現するには必要なデータを集めてくる必要があります。

従来の経営管理では、各部門で集計したデータの集約・管理に表計算ソフトを使っていましたが、手作業でのデータ取得となるため、膨大な工数がかかっていました。

経営管理ツールは、こうした経営管理で必要となるデータの取得・管理とその分析をひとつにまとめることで、高効率化を実現します。

非効率的な業務はいたるところに存在します。創業期はすべての業務にツールを導入できるほどのリソースがないことが多いため、優先度を決めて効率化を図っていくことが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期のサービスの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DIGGLE プラットフォーム フロー レポート 予実 予算 最適化 株式会社 業務 管理 経営 経営管理 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

現地観光ツアー特化エンターテインメント事業「Fun」展開の「Fun Group」が12.6億円調達
令和2年4月20日、株式会社Fun Groupは、総額約12億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 現地観光ツアーに特化したエンターテインメント事業「Fun」を運営しています。 地域…
人を生かし育てるリーダーになるためのコーチング習得プログラム運営の「コーチェット」が1億円超調達
2021年1月29日、株式会社コーチェットは、総額1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 人を生かし育てるリーダーになるためのコーチング習得プログラム「CoachEd」を運営しています。 3…
請求書買取サービス「クラウドファクタリング」提供の「OLTA」が2億円調達
2019年11月27日、OLTA株式会社は、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタル株式会社です。 OLTAは、オンライン完結型ファクタリング(請求書買取)サービス…
AIによる不正ユーザー検知システム「Stena」提供の「ChillStack」が3,000万円調達
2020年3月31日、株式会社ChillStackは、約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、AI特化型インキュベーターの、株式会社ディープコアです。 AI技術を用いた不正…
契約書レビューAIのクラウド・サービス「り~が~るチェック」提供の「リセ」が2.15億円調達
2020年11月17日、株式会社リセは、総額2億1,570万円の資金調達を実施したことを発表しました。 少人数法務を支援する契約書AIレビューのクラウド・サービス「り~が~るチェック」を提供しています…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ