注目のスタートアップ

特注建設部材の調達サービスを展開する「BALLAS」が1億円調達

company

2022年5月10日、株式会社BALLASは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

BLLASは、特注建設部材の調達サービス「BALLAS」を展開しています。

施工現場で使用する特注の建設部材を簡単に調達できるWebサービスです。設計図をアップロードすることで、図面バラシから部材調達まで完了することができます。

蓄積された図面データを活用した効率的な製図や、全国の協力工場と提携することで、特注部建設部材の効率的な調達・提供を実現しています。

今回の資金は、システムの機能拡充、営業活動の促進、人材採用に充当します。

施工業者は、元請会社の設計図をもとに、施工するための図面である施工図を作成します。

この施工図には、建具・使用する材料・サイズなど様々な詳細情報が記入されており、施工に必要となる部材を調達する際にも参照されることとなります。

既製品の部材で対応できない場合は、工場に部材を特注することになります。工場は施工業者とやり取りし、施工図を参考にしながらオーダーメイドの部材を作っていくことになります。しかし、両者の領域は専門的であるため、双方のコミュニケーションには時間がかかってしまい、非効率的なやり取りになりがちであることが課題となっています。

BALLASはこの施工業者と工場の間での課題を解決するため、施工図をもとに施工・製作しやすい製作図を作成し、最適な工場を選定することで必要とする建設部材を効率的に供給するサービス「BALLAS」を提供しています。

株式会社BALLASのコメント

このニュースを受けまして、株式会社BALLAS 代表取締役 木村将之氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

2022年3月にリリースしたBALLASシステム(部材調達・管理システム)の機能拡充、営業活動の促進、人材採用になります。

・今後の展望を教えてください。

金属部材を中心として、調達工程を最適化すると共に、建設業全体の最適化に繋がる事業展開を目指しています。

・読者へのメッセージをお願いします。

母子手帳となる創業手帳様は、弊社でも会社設立前から重宝致しております。読者の皆様ともお互いに知見を共有しながら、経済面から社会を発展させられるよう、鋭意取り組んで参ります。

効率化はどの業界でも大きな課題となっています。創業期は最新のシステムを導入できる機会でもあるため、自社に合ったシステム・ツールを選定・導入するとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BALLAS オーダーメイド 図面 建設 株式会社 特注 設計 調達 資材 資金調達 部材
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

細胞培養スタートアップの「インテグリカルチャー」が8億円調達
2020年5月25日、インテグリカルチャー株式会社は、総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました 独自開発の低コスト細胞培養技術「CulNet System」を用いた様々な事業展開を推進していま…
医療機器特化型アクセラレータープログラム「MedTech Angels 2021」募集開始 9/30締切
2021年9月3日、プレモパートナー株式会社は、「MedTech Angles 2021」の開催を発表しました。 「MedTech Angles 2021」は、国内初の医療機器(MedTech)特化型…
著名人からのビデオメッセージを依頼できるサービス提供の「レターファン」が資金調達 サービスを正式ローンチ
2022年3月2日、株式会社レターファンは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「レターファン」の正式サービス提供を開始したことも併せて発表しました。 「レターファン」は、スポーツ選手やお笑…
独自冷凍技術により地域のパン屋さんと消費者をつなぐ「パンフォーユー」が資金調達
2021年2月8日、株式会社パンフォーユーは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社ギフティとは、資本業務提携契約を締結しています。 パンフォーユーは独自開発の冷凍技術を活用し、個人向…
ホテルの適正価格を提示するAIプラットフォームの「空」が資金調達
2019年9月4日、株式会社空は、資金調達を実施したことを発表しました。 ホテルの料金設定を効率化する「MagicPrice」と、無料のホテル経営診断ツール「ホテル番付」を運営しています。 「Magi…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ