注目のスタートアップ

研究用ロボットや人型ロボット開発の「東京ロボティクス」が2億円調達 「五十嵐電機製作所」と資本業務提携

company

2021年12月16日、東京ロボティクス株式会社は、株式会社五十嵐電機製作所との資本業務提携を通じ、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

東京ロボティクスは、研究用のロボットアームや人型ロボットの自社開発を行っています。

小型モーターの開発・製造・販売を行う五十嵐電機製作所とは、モーターの製造を依頼していたため以前からつながりがあり、設計ノウハウの共有や共同で性能試験をするなどの技術交流を行っています。

今後、東京ロボティクスは、様々なタイプのロボットを開発していく予定であり、性能の最適化のためにモーター技術が必要不可欠であるため、今回の提携に至っています。

今般、ロボットは様々な分野で活躍しています。

たとえばAmazonの倉庫では非常に多くのロボットが稼働しています。

また、新型コロナウイルス感染症の流行により飲食店などのサービス業においても非接触・非対面のサービス提供が求められるようになり、ロボットが活用される事例がいくつかみられます。

飲食店では配膳ロボットがすでに実用化されており、ホール業務の省人化・効率化に役立っています。

またロボットには、省人化・効率化といった用途で活用される業務ロボット以外にも、人間のセラピーなどを目的としたコミュニケーションロボットがあります。

コミュニケーションロボットの多くは会話機能を有していますが、動物のように尻尾が動くクッション型のロボットのように、言語による会話を前提しているわけではなく、人間のコミュニケーションを促進するような仕組みを有しているものをコミュニケーションロボットと呼んでいます。

コミュニケーションロボットは、たとえば介護施設などで、高齢者の口腔機能の向上や認知機能低下の予防のために役立っています。

また家庭用では、見守りロボットとしても活用されており、ひとりで留守番しなくてはならない子どもとコミュニケーションをとり、またカメラ機能やセンサーなどによって見守りを行います。

今後のAI技術の進展によって、ロボットも人間のような判断ができるようになると考えられ、その適用範囲は大きく広がることでしょう。

最新技術を活用したプロダクトの開発には豊富な資金が必要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ モーター ロボット ロボティクス 五十嵐電機製作所 技術 東京ロボティクス 株式会社 資本業務提携 資金調達 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アート作品の分割保有プラットフォーム「STRAYM」運営の「SMADONA」が資金調達
2020年2月17日、SMADONA株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、アート作品の分割保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」のα版のサービス提供の開始も併せて発表…
垂直軸型マグナス式風力発電機を開発する「チャレナジー」がLPG専業会社「アストモスエネルギー」と資本業務提携
2022年5月10日、株式会社チャレナジーは、アストモスエネルギー株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 チャレナジーは、垂直軸型マグナス式風力発電機(マグナス風車)を開発しています…
ガバナンス・リスク・コンプライアンス管理ソリューション提供の「GRCS」が1.6億円調達
2019年12月3日、株式会社GRCSは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 GRC(ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス)領域の課題を解決するソリューションを提供して…
アジア最大級のクラウドインテグレーター「MEGAZONE」が「伊藤忠テクノソリューションズ」と資本提携
2022年4月13日、MEGAZONE株式会社は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表しました。 これにより伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、M…
特注建設部材の調達サービスを展開する「BALLAS」が1億円調達
2022年5月10日、株式会社BALLASは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 BLLASは、特注建設部材の調達サービス「BALLAS」を展開しています。 施工現場で使用する特注の…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ