文書作成・活用の効率化支援SaaS「flouu」がリリース

2019年10月17日、プライズ株式会社は、「flouu(フロー)」の正式版を同日にリリースしたことを発表しました。

「flouu」は、チームの文書作成・活用の効率化を支援するSaaS型ソフトウェアです。

文書を見ながらのリアルタイム・コミュニケーション機能や、同時編集機能がついたWYSIWYGエディタ、直感的なドキュメント管理画面などを特徴としています。

また、ツールを提供するだけでなく、「flouu」の導入支援サービスも提供し、企業の生産性の向上を支援します。

プライズ株式会社 代表取締役CEO 内田 孝輔氏のコメント

今回のニュースにつきまして、プライズ株式会社 代表取締役CEO 内田 孝輔氏よりコメントが届きました!

内田 孝輔
2004年早稲田大学政治経済学部卒業後、アクセンチュア経営コンサルティング本部等にて多数の戦略・業務改革コンサルティング業務に従事。その後、スプリックス(教育)、freebit mobile(現TONE mobile)カカクコム食べログ本部にて新規事業の立ち上げおよび事業経営に従事した後、株式会社iettyにて取締役COOとして業務改革、オペレーション組織立ち上げを中心とした幅広い企業経営に携わる。
2018年1月当社創業。
ー新サービスを始めた経緯について教えてください。

内田:私がこれまでコンサルタント、大企業での新規事業責任者、スタートアップの役員を経験する中で、日々長時間労働に追われていました。創業後、自らが働くひとの当事者として価値を最大化するテーマを模索している中で、自身の労働時間の多くを文書作成に費やしていたという課題感を持ち、テクノロジーにより文書作成・活用の効率化を推し進める「flouu」の構想に至りました。

ー今回の発表について、どのような反響がありましたか?

内田:お陰様でプレスリリースに対して多くの共感が得られており、問い合わせや試用もいただいている状況です。ただ、まだ私たちのサービスの価値を十分に伝えられているとは思っていないので、今後も地道なPR活動を続けていきたいと思います。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

内田:本日公開したサービスは私たちのflouu構想の入り口でしかありません。今回リリースしたドキュメント形式のサービスのみでなくスライド形式の文書への対応や、作成した文書の活用のためのサービスなど、文書作成・活用の課題の解決に資する機能・サービスを速やかに展開して参ります。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ flouu SaaS ドキュメント プライズ フロー 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「もりおかSDGsファンド」が日詰平井邸に残された醸造所の復活を目指す「平六醸造」に出資
2023年6月16日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、FVC Tohoku株式会社が盛岡信用金庫等と共同で設立したもりおかSDGs投資事業有限責任組合(もりおかSDGsファンド)より、株式…
CO2排出量可視化・脱炭素化クラウド「ENERGY X GREEN」など展開の「booost technologies」が12億円調達
2022年2月2日、booost technologies株式会社は、総額12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 CO2排出量の可視化やレポート化ができるクラウド型プラットフォーム「ENER…
取締役会運営の効率化を支援するツール「michibiku」を提供する「ミチビク」が2億円調達
2023年5月17日、ミチビク株式会社は、累計2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ミチビクは、取締役会運営の効率化を支援するツール「michibiku(ミチビク)」を開発・提供しています。…
コンピューターゲーム向けサイバーセキュリティ事業を展開する「Sentry」が4,000万円調達
2022年5月11日、株式会社Sentryは、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Sentryは、コンピューターゲーム向けチート対策プロダクト「Sentry Anti-Che…
バーチャルヒューマンのプロデュースやバーチャルヒューマンに関する基礎技術の研究開発などを行う「Aww」が9.6億円調達
2024年7月8日、株式会社Awwは、総額9億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Awwは、「imma」「plusticboy」「Ria」など複数のバーチャルヒューマンのプロデュー…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】