注目のスタートアップ

家具のサブスクリプションサービスを展開する「ソーシャルインテリア」(旧社名:subsclife)が22億円調達

company

2022年3月18日、株式会社ソーシャルインテリアは、総額約22億円の資金調達を実施したことを発表しました。

家具・家電のサブスクリプションサービス「サブスクライフ(subsclife)」、家具のオフプライスマーケット「サブスクライフ オフプライス」、オフィス構築支援事業を展開しています。

「サブスクライフ」は、家具・家電のサブスクリプションサービスです。月額料金で、好きな期間家具・家電を利用できるサービスです。選んだプランの期間を過ぎると、購入・継続・返却のいずれかを選ぶことができます。

ブランド家具やデザイン性の高い家具を手軽な料金で利用できることを特徴としています。

今回の資金は、「サブスクライフ」・「サブスクライフ オフプライス」のシェア拡大、家具の循環型社会づくりの実現に向けた施策の加速に充当されます。

家具・家電のサブスクリプションサービスは、初期費用が安いことや、処分費用がかからないこと、模様替えのハードルが下がることなど様々なメリットがあります。また、家具・家電の廃棄の削減にも資するため、循環型社会の実現のためにも社会実装が望まれています。

プリント合板など安価な素材を使った家具は耐用年数が短く、10年程度で買い替えるというサイクルが主流になっているといいます。アンティーク家具などでは100年モノなどもあることを考えれば、家具は長く使うことができ、それが結果的に経済的であるかもしれません。また家具を長く使うことができれば廃棄が減り環境負荷も低減します。

しかし、私たちのライフスタイルとしては家具を長く使うということは難しいという課題があります。親元を離れて暮らす人が多く家具を受け継ぐことができないというケースもあれば、仕事の都合上引っ越しが多く、その都度間取りに合わせた家具を買うというケース、また部屋の雰囲気を替えるために家具のデザインを変更するというケース。様々な理由で家具が買い替えられています。また、このように家具の買い替えペースが早いため、安価な家具が求められているという事情もあるでしょう。

しかし、家具のサブスクリプションサービスは、こういった課題を一挙に解決する可能性を秘めています。

家具のサブスクは、職人の手によって作られた耐久性もデザイン性も高い家具を安価に利用することができます。不必要になったら必要とする別の人に利用してもらうことができます。部屋の模様替えや引っ越しなども気軽に行えるようになりますし、利用していた家具をサービス側に返却するだけなので、廃棄の手間もかかりません。

一方で、すでに安価な家具が市場に出回っている現在では、利用期間・月額と安価な家具の購入金額を比較した際、安価な家具のほうがコストがかからないということになってしまいます。また、多くの家具のサブスクリプションサービスはまだ取扱商品数が少ないため、ニーズにマッチした家具を提供することができていません。

こういった課題から個人への家具のサブスクリプションサービスの普及には大きなハードルがあります。

ソーシャルインテリアは、社名をSDGs・ESGを意識したものに変更するなど、SDGsやESGに大幅に舵を切って「subsclife」を普及させていく方針です。この方針が吉と出るのか注目が必要です。

株式会社ソーシャルインテリアのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ソーシャルインテリアよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

さらなる事業成長のための人材の採用、認知拡大の広告活用をメインとしております。

・今後の展望を教えてください。

いいものをつくっているメーカー様とともに、当社ビジョンである「よいものが、循環する社会へ」の実現を目指して参ります。そのために、不要家具の2次・3次活用の認知促進、企業のESG対応の一つである不要家具の再活用に注力してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

2016年創業より、たくさんのパートナー様のご支援のもと、事業が順調に伸びております。家具のサブスク、オフプライス事業を基盤に、業界に革命を起こすべく、さらに尽力して参ります。企業のESG対応、またスタートアップの成長に伴う移転を初期導入コストを下げてご支援も可能です。お役に立てることがございましたらお気軽にお問合せいただけましたら幸いです。

オフィス家具のひとつであるオフィスチェアは、生産性の向上において費用対効果が高いとされています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、オフィスチェアの効果について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SDGs subsclife サブスクライフ サブスクリプション ソーシャルインテリア 家具 循環型社会 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ネットでサービスを売れるサイト運営の「MOSH」が3億円調達
2020年10月16日、MOSH株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人やスモールチーム向けに、ネットでサービスが売れるプラットフォーム「MOSH」を運営しています。 ホー…
防犯・見守りAIカメラ「JUSTY」提供の「JUSTICEYE」が8億円調達
2022年4月14日、株式会社JUSTICEYEは、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 JUSTICEYEは、防犯・見守りAIカメラ「JUSTY」を提供しています。 「JUSTY」は…
「メドレー」が「NTTドコモ」とオンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」の共同運営を開始
2021年12月7日、株式会社メドレーは、株式会社NTTドコモと、「CLINICS」の共同運営を開始したことを発表しました。 「CLINICS」は、メドレーが提供するオンライン診療・服薬指導アプリです…
専門医シェアリング・サービスなどにより地域医療における専門医不足問題の解決を目指す「Medii」が資金調達
2020年6月29日、株式会社Mediiは、資金調達を実施したことを発表しました。 地方と都市部で広がる専門医偏在問題を解消することを目指した、病院向けの専門医シェアリング・サービス「E-コンサル」や…
有機半導体レーザー・ダイオード技術の実用化を目指す「KOALA Tech」が1.5億円調達
2020年3月18日、株式会社KOALA Techは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 有機半導体レーザー・ダイオード(OSLD)技術の実用化を目的として設立した、九州大…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ