D2Cアパレル「SOÉJU」運営の「モデラート」 D2Cビューティブランド「IMAI」を3月以降にローンチへ

tips

2022年3月15日、モデラート株式会社は、2022年3月下旬以降、新たにビューティ事業に参入しD2Cビューティブランド「IMAI(アイマイ)」をローンチすることを発表しました。

モデラートは、シーズン問わず、重ね着可能なシンプルなファッションアイテムを展開するD2Cアパレルブランド「SOÉJU(ソージュ)」を展開しています。

「IMAI」は、「SOÉJU」の顧客データを活用し、ファッションとビューティのプロと一緒に商品を開発を行うD2Cビューティブランドです。まずは、ひとりひとりの肌本来の美しさを引き出すベースメイクアップアイテムの展開からスタートします。

服だけでなく、ヘアスタイルやメイクアップの提案も行うことで、顧客が抱える課題を総合的に解決していくことを目指します。

D2C(Direct to Cosumer)とは、消費者に対し、企業が直接的に商品を提供・販売するビジネスモデルのことです。

不要なコストや中間マージンを削減することができるため、高品質な商品を比較的安価に提供できることが特徴的です。また、自社のこだわりを強烈に反映させたプロダクトを作るD2Cブランド/スタートアップが多く、こだわりに共感した消費者が増えたこと、高品質な商品を安価に手に入れたいというニーズを満たしたことでその市場を拡大しています。

アパレルにおいてもD2Cは急激に成長しています。小柄な人向け・胸の大きな女性向けなどニッチなアイテムをこだわりをもって提供するブランドや、顧客との関わりあいを大事にしコーディネートやアイテムの相談などに積極的に乗るブランド、比較的安価にオーダーメイドスーツを提供するブランドなど様々なブランドがあり、方法論として確立したものはないと感じさせられます。

消費者にもSDGsへの意識が高まっている現在では、自社のビジョンやプロダクトに関する情報発信によるブランディングが重要となっています。「冊子版創業手帳」では、インターネットを活用したPRなど、マーケティング・ブランディングに関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ D2C IMAI SOÉJU アパレル コスメ ビューティ ファッション ブランド モデラート 化粧品 株式会社 美容
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

完全キャッシュレスの低糖質ピザ専門店「SONOBON」1号店が表参道にオープン
2019年8月8日、株式会社イタダキは、「SONOBON」1号店を表参道にオープンしたことを発表しました。 「SONOBON」は、完全キャッシュレスの低糖質ピザ専門店です。 イタリア直輸入のビール小麦…
母乳分析サービス提供の「Bonyu.lab」が1.5億円調達
2019年12月9日、株式会社Bonyu.labは、1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ピジョン株式会社です。 Bonyu.labは、世界初の母乳分析サービス「BON…
AIの品質保守の自動化ツール「Citadel Radar」提供の「Citadel AI」が1億円調達
2021年10月4日、株式会社Citadel AIは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIの品質保守の自動化ツール「Citadel Radar」(β版)を提供しています。 AIの入…
「テックアット」が資金調達 家具・家電の新品・新古品を低価格で提供する「LUUUP」をリリース
2020年3月6日、株式会社テックアットは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、国内メーカーの⾼品質な家具家電の新品・新古品を低価格で提供するサービス「LUUUP(ループ)」を正式リリースし…
地域SNS「ピアッザ」展開の「PIAZZA」が2億円調達 大阪市・鉄道事業者7社と連携
2021年12月6日、PIAZZA株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、大阪市と、大阪市高速電気軌道株式会社、近畿日本鉄道株式会社、京阪ホールディングス株式会社、南海電…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ