注目のスタートアップ

オンライン型ファクタリングサービス「OLTAクラウドファクタリング」を提供する「OLTA」が25.3億円調達

company

2023年6月21日、OLTA株式会社は、総額約25億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

OLTAは、オンライン完結型のファクタリングサービス「OLTA(オルタ)」や、「OLTA」のOEM提供、SMBの入出金管理プラットフォーム「INVOY(インボイ)」を展開しています。

「OLTA」は、請求書(売掛金)を売却することで、早期に資金を調達できるサービスです。AIを活用した審査などにより最短で即日に振込されること、オンライン完結で利用できることなどを特徴としています。

「INVOY」は、中小企業・小規模事業者向けの入出金管理プラットフォームです。請求書・見積書・発注書・納品書・領収書の作成・発行・管理、入金消込、郵送代行サービス、取引先管理、請求書の定期自動作成などを備えています。

今回の資金は、「INVOY」のさらなる開発、財務基盤の強化、採用の強化に充当します。

「INVYO」開発では、現在提供している請求書作成・発行機能に加え、受け取った請求書をOCRで読み取りデータ化する機能や、カード決済を促進する機能などを追加する計画です。


法人や個人事業主などの事業者間の一般的な支払い方法としては、取引先に請求書を発行し、月末締めで翌月末に支払う方法である掛け払い(請求書払い)が利用されています。

この請求書払いは、請求業務を月に一度にまとめて経理の負担を軽減できる、支払いを翌月末などに伸ばすことができるといったメリットがあります。

一方、請求する側は、現金が翌月末あるいは翌々月末にならないと入ってこないため、キャッシュフローの把握が複雑になり、時には手元に現金がないという状況に陥ることがあります。

こうした状況とトラブルによる出費が重なって運転資金が不足してしまった場合、売上としては黒字であったとしても倒産を余儀なくされてしまうこともあります。

小規模事業者・中小企業は資金に余裕がないことも多いため、こうした資金繰りに課題が生じるケースが多くあります。こうした企業が融資などでは間に合わない緊急の資金が生じた場合の対処法が少ないということが課題となっています。

そこで、近年は請求書を活用することで資金繰りを改善するサービスであるファクタリングサービスの注目が高まっています。

ファクタリングサービスは、請求書を買い取ってくれる事業者に請求書を売却することで早期に現金化するというサービスです。

OLTAは、日本で初めてオンライン型ファクタリングサービスの提供を開始した事業者であり、自社でクラウドファクタリング事業を展開するほか、その知見を地域金融機関にOEM提供しています。

また、請求書関連でいえば、2023年10月から適格請求書等保存方式(インボイス制度)が開始されます。インボイス制度では複雑な計算や、適切な請求書の発行・保存が求められ、請求書発行業務の業務負担が高まることが想定されます。

OLTAは、小規模事業者・中小企業向けに請求書発行サービス「INVOY」を無料で提供し、インボイス対応の支援も行っています。

資金繰りがうまくいかないと、売上が黒字であっても倒産してしまう黒字倒産に陥ることがあります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期に重要視したいキャッシュフローについてのノウハウや、黒字倒産しない会社を作る資金繰り表の作成術などを詳しく解説しています。

また、財務基盤を強化するためには資金調達も必要となります。「資金調達手帳」では、資金調達のノウハウについても詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ INVOY OLTA OLTAクラウドファクタリング SMB インボイ オルタ オンライン型ファクタリング クラウドファクタリング ファクタリング 中小企業 事業 売掛金 小規模事業者 株式会社 請求書 請求書作成 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」運営の「シェアリングエネルギー」が40億円調達
2022年4月8日、株式会社シェアリングエネルギーは、総額40億円の資金調達を実施したことを発表しました。 シェアリングエネルギーは、太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」を提供してい…
在宅縫製サービス「MY HOME ATELIER」運営の「ヴァレイ」が5,100万円調達
2022年4月27日、株式会社ヴァレイは、総額約5,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ヴァレイは、在宅縫製サービス「MY HOME ATELIER」、ブランドの成長を加速させるアクセ…
クイックコマース「AMo」を展開する「クイックエクスペリエンス」が13億円調達
2023年1月17日、クイックエクスペリエンス株式会社は、総額13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クイックエクスペリエンスは、クイックコマース「AMo」を2022年6月から展開しています…
「TABETE」展開の「コークッキング」が「茨城県」とフードロス削減に向けた連携協定を締結
2021年8月2日、株式会社コークッキングは、茨城県と、「食品ロス削減に向けた連携協定」を締結したことを発表しました。 コークッキングは、フードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」を運営して…
仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT」運営の「リクシス」が2.6億円調達
2020年2月25日、株式会社リクシスは、総額2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT(エルキャット)」を提供しています。 企業内従業員に対す…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】