健康宅配食サービス「FIT FOOD HOME」 できたてのお惣菜を冷蔵で届ける新サービス「シェフの無添つくりおき」をローンチ

tips

2022年3月11日、株式会社AIVICKは、「FIT FOOD HOME(フィットフードホーム)」の新サービスとして「シェフの無添つくりおき」を2022年3月11日から販売開始したことを発表しました。

「FIT FOOD HOME」は、ユーザーの目的・好みに寄り添った食事を届けることを目的とした宅食サービスです。

商品は、“おうちレストラン”・“健康維持”・“ダイエット”・“腸活”などのカテゴリにわかれており、自分の目的・好みにあった食事を選ぶことができます。

すべて手作りであることや、リスクのある食品添加物を使用していないことを特徴としています。

今回の新サービス「シェフの無添つくりおき」は、専属シェフの手作りによる無添加のお惣菜です。毎週変更されるおまかせの主菜x2・副菜x3を毎週届けるサービスです。

冷蔵状態で提供することで、作りたての美味しさを届けることを特徴としています。

新型コロナウイルス感染症の流行により、食関連の市場には大きな変化が生じました。

外食産業が大幅に減少した一方で、デリバリーやテイクアウトの需要が増加し、新たな文化として着実に根づきつつあります。

また外出自粛などによってネットスーパーなど生鮮食品の配送のニーズも高まり、食周辺のサービスは一気に多様化が進みました。

これまで、主に高齢者や身体障害者など外出の難しかった人びとに利用されていた宅配食事サービス(宅食サービス)についてもニーズが多様化しており、健康志向のもの、トレーニングをしている人向けのもの、管理栄養士などに健康相談ができるもの、1日に必要な栄養素を一定量含んでいるものなど様々なものがあります。

特に健康的でありながら多様なメニューを取り揃えた宅食サービスは、日々の食事を簡単かつ健康なものにしてくれるため、一人暮らしの働き手や子育て世帯などでの利用が拡大しています。

またテレワークが普及したことで自宅で食事をする人も増えたため、そのような人の利用も増加していると考えられます。

一方で、宅食サービスは様々なプレイヤーが参入する競争の激しい市場となってきているため、サービスの質・マーケティング・ビジネスモデル・価格などでの差別化がより一層重要となっていると考えられます。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレスチェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AIVICK FIT FOOD HOME シェフの無添つくりおき フィットフードホーム 健康 宅配 惣菜 株式会社 食事 食品
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

金融機関における債権管理・督促回収業務をワンストップで支援する「Lecto」が1億円超調達
2021年3月22日、Lecto株式会社は、総額1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 金融事業の複雑なオペレーション設計や属人的になりがちな債権管理・督促回収業務を一貫して支えるプロダクト…
不動産取引プラットフォーム「カナリー」運営の「BluAge」が12億円調達
2021年9月29日、株式会社BluAgeは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産仲介業者の業務をデジタル化する業務効率化ソリューション/お部屋探しアプリ「カナリー(CANA…
植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」が「焼肉きんぐ」など運営の「物語コーポレーション」と資本業務提携
2021年11月19日、DAIZ株式会社は、株式会社物語コーポレーションと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。 …
宅配クリーニング・サービス「リネット」など運営の「ホワイトプラス」が15億円調達
2020年3月27日、株式会社ホワイトプラスは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ネット宅配クリーニング「リネット」や、クリーニング付きの衣類保管サービス「リネット PREMIU…
カンボジアBOPファイナンス事業や小型家電リサイクル事業など展開の「リネットジャパングループ」が1億円調達
2020年7月28日、リネットジャパングループ株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 これは、百五銀行が取り扱う「百五SDGs私募債(企業応援型)」によるものです。 リネットジャパ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ