データ・シェアリング・プラットフォーム 「DP2」など運営の「アイディオット」が資金調達

company

2020年8月26日、株式会社アイディオットは、資金調達を実施したことを発表しました。

データを軸としAIやソフトなど以下のようなプロダクト開発を行っています。
・データ・シェアリング・プラットフォーム 「DP2」
・レコメンド・アルゴリズム「DE-AI」
・顔認証付き検温デバイス「QHT」
・マッチング・システム開発パッケージ「マッチメン」

今回の資金は、プロダクト開発、開発体制の構築、優秀な人材の獲得の推進に充当されます。

企業へのITツールや、IoT機器の普及により、多くのデータが収集・蓄積されています。しかし、データの企業内での活用は進んでいますが、データの売買やオープン・データの活用などはあまり進んでいません。

要因としては、データ取引には不適切なデータを売買してしまう恐れや、企業の風評リスク、契約面での手続きが煩雑なことなどが挙げられます。

データの流通・利活用が加速は、経済成長やイノベーションの促進に資すると目されています。この先、さらにデータの収集・蓄積が進むため、データ取引市場は非常に活発な市場となっていくでしょう。

データの収集・利活用は企業の成長にとても重要な役割を果たします。そのためには社内システムの整備が必要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備や、一歩先をゆくためのシステムの活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI DE-AI DP2 QHT アイディオット アルゴリズム シェアリング データ プラットフォーム マッチメン 株式会社 資金調達 顔認証

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ