注目のスタートアップ

即時尿検査サービスを開発する「ユーリア」が5,500万円調達

company

2022年3月10日、株式会社ユーリアは、総額約5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

2分で検査結果がわかる尿検査サービスを開発しています。

尿中の成分に応答するバイオマーカーを活用することにより、検査キットとスマートフォンアプリで自宅でも尿検査を行うことができるサービスです。

誰もが低コスト・簡便・迅速に身体の状態を把握できる環境を提供することにより、ウェルビーイングの維持・向上のための選択肢を提示することを目的としています。

スポーツチームやアスリートに向けた検査キットの2022年春のリリースを目指しています。

今回の資金は、サービスリリースに向けた研究・システム開発の強化、人材採用の強化に充当されます。

健康診断で尿検査を受けた経験のある方も多いことでしょう。

この尿検査は、本来排泄されるものが排泄されていない、もしくは排泄されてはいけないものが排泄されているといったことを明らかにすることで、病気の有無を調べるために行われています。

尿は採血などと違って非侵襲性であるため安全で精神的にも安心できる検査方法です。また、毎日排泄されるものであるため、検査できないといったことも起きません。

ユーリアによると、尿にはアミノ酸・ビタミン・ミネラルなどの成分も含まれており、これらの成分は身体の状態を反映するように日々変化しています。

つまり、この尿の成分を簡単に把握し可視化できるようになれば、安心・安全に身体の健康状態を把握することができるのです。

ユーリアはこの身体状態を低コスト・簡便・迅速に把握できる世界の実現のため、即時尿検査サービスを開発しています。

株式会社ユーリアのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ユーリアよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

2022年6月の製品リリースを目指して研究・システム開発の強化、人材採用の強化を行います。

・今後の展望を教えてください。

弊社のミッションである「すぐわかるを、もっと身近に」の実現に向け、企業としてのさらなる成長に繋げていきたいと考えております。誰でも気軽に、スピーディに自分の体の状態を把握できる世界の実現のため、まずは、スポーツチームやアスリートに向けた検査キットの今春のリリースを目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

誰でも気軽に、スピーディに自分の体の状態を把握できる世の中を目指して今後も取り組みを進めてまいります。応援よろしくお願いいたします!

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレスチェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ウェルビーイング バイオマーカー ヘルスケア ユーリア 尿検査 株式会社 検査 資金調達
関連記事はこちら

株式会社ユーリア 水野将吾|2分で分かる栄養過不足尿検査の事業開発が注目の企業

資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

キャリア・カウンセリング・サービス提供の「fruor」が育休復職後の働き方のためのプログラム「テキストプログラム復職準備編」をリリース
2020年12月7日、株式会社fruorは、「テキストプログラム復職準備編」を2020年12月7日から開始することを発表しました。 「テキストプログラム復職準備編」は、キャリア・サポーター(カウンセラ…
「ZENKIGEN」がマネージャーとメンバーの関係性を定量化する1on1改善サポートAI「revii」をリリース
2021年11月17日、株式会社ZENKIGENは、「revii(リービー)」の提供を開始することを発表しました。 「revii」は、動画解析AIにより、マネージャーとメンバーの関係性を定量化し1on…
ギフトECサイト「TANP」運営の「Gracia」が11億円調達
2020年7月29日、株式会社Graciaは、総額約11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 贈りたいものがみつかるギフトEC「TANP」を運営しています。 商品の仕入れから、受注、ラッピング…
エンジニア組織の内製化をワンストップで支援する「Findy0→1」が提供開始
2021年3月23日、ファインディ株式会社は、「Findy0→1(ファインディ・ゼロ・トゥ・ワン)」の提供を開始することを発表しました。 「Findy0→1」は、エンジニア組織の内製化の戦略立案から、…
訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare」運営の「クラウドケア」が1.1億円調達
2021年11月3日、株式会社クラウドケアは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare(クラウドケア)」を運営して…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ