注目のスタートアップ

オリジナルIPのVRゲーム開発の「MyDearest」が資金調達

company

2022年2月28日、MyDearest株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

2021年6月30日には、総額9億円の資金調達の実施を発表しています。

MyDearestは、オリジナルIPのVRゲームを中心に開発するエンターテインメントスタートアップです。

代表作には『東京クロノス』・『ALTDEUS: Beyond Chronos』があります。

『ALTDEUS: Beyond Chronos』は、Oculus Quest2におけるローンチタイトルにも選出されたほか、ユーザー評価世界1(Road to VR調査)の獲得、VRゲームで歴代初となる「ファミ通・電撃アワード2020 アドベンチャー部門 最優秀賞」を受賞しています。

2022年には新作『DYSCHRONIA: Chronos Alternate』(対応機種:Meta Quest 2/Nintendo Switch)をリリースする予定です。

ゲームなどのエンターテインメントコンテンツでは、ユーザーを没入させる仕組みが重要となることが多々あります。

ゲームではレベルアップや、探索、収集などの要素がユーザーを没入させます。

こういった要素を他領域に応用するゲーミフィケーションがビジネスでも注目されていることもあり、詳しく調べたことのある人もいるかと思います。

VR(バーチャルリアリティ)は、その没入の究極の形であると考えられています。

クリエイターによって作られた世界にユーザー自身が入り、その世界をあたかも現実にいるかのように感じることができる。それがVRです。

そのためVRはゲームにとって非常に魅力的な媒体であり、様々な企業が新たなタイトルを開発しています。

VRゲームの普及は、VRデバイスの低廉化とそれに伴う普及とセットであると考えられるため、今後徐々にではあるものの、その市場は伸びていくことでしょう。

成長期に参入したほうがビジネスとしてリスクはないのかもしれませんが、VRゲームの黎明期であるからこそ、他企業が思いつく前に自らのアイデアを世に出すことができるというメリットもあります。

またVRコンテンツは注目度が高く、VRゲーム開発企業の知見を活用したいと考える他領域の要請も今後増えてくることでしょう。

プロダクトの開発には優秀な人材が必要となります。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IP MyDearest Oculus Quest2 VR VRゲーム エンターテインメント ゲーム 東京クロノス 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウドRPA「BizteX cobit」提供の「BizteX」が6.3億円調達
2020年4月20日、BizteX株式会社は、総額6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」を提供しています。 RPAとは、Robo…
家具・家電のサブスクリプションサービス運営の「クラス」が「三菱地所」のオフィス家具の引取・販売サービス「エコファニ」と提携
2022年3月15日、株式会社クラスは、三菱地所株式会社のオフィス家具の引取・販売サービス「エコファニ」と提携することを発表しました。 クラスは、家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS(クラ…
AIエンジン群の提供やAIプロダクトの開発・提供の「Nextremer」と「Honda」が業務提携
2021年4月5日、株式会社Nextremerは、本田技研工業株式会社(Honda)と業務提携契約を締結したことを発表しました。 Nextremerは、リモート接客システム「Remosis」や、自然言…
著名人からのビデオメッセージを依頼できるサービス提供の「レターファン」が資金調達 サービスを正式ローンチ
2022年3月2日、株式会社レターファンは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「レターファン」の正式サービス提供を開始したことも併せて発表しました。 「レターファン」は、スポーツ選手やお笑…
エンジニア組織の内製化をワンストップで支援する「Findy0→1」が提供開始
2021年3月23日、ファインディ株式会社は、「Findy0→1(ファインディ・ゼロ・トゥ・ワン)」の提供を開始することを発表しました。 「Findy0→1」は、エンジニア組織の内製化の戦略立案から、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ