注目のスタートアップ

周回衛星向け地上セグメントサービスプロバイダーの「インフォステラ」が5億円調達

company

2022年1月14日、株式会社インフォステラは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、2021年10月には7億円を調達しています。

インフォステラは、周回衛星向けGround Segment as a Service(GSaaS)プロバイダー事業を展開しています。

地上局ネットワークを仮想化するクラウドプラットフォーム「StellarStation」を通じ、柔軟性と拡張性に優れた地上局ネットワークを提供しています。

このプラットフォームを利用することで、衛星運用者は一度のセットアップで世界中の地上局にアクセスすることができます。

また、地上局オーナーは、地上局非稼働時間(遊休時間)を他の衛星運用者に貸し出すことで収益を得ることができます。

他にも、無線ライセンスの取得や、周波数調整業務など、衛星の運用を行う際に必要となる地上セグメント側の業務支援事業も展開しています。

今回の資金は、通信エリアの拡大、ライセンス取得サポートの拡充、米国への事業拡大、日本国内へのサイトの設置と地上局ホスティングサービスの開始などに充当されます。

2019年の世界の宇宙ビジネス市場の市場規模は約40兆円です。2040年には100兆円規模と非常に大きな市場になるとの予測もあります。

宇宙ビジネス市場で大きな割合を占めているのは、衛星を打ち上げ、それにより得たデータを販売したり活用したりする衛星サービスです。

衛星サービス領域では、宇宙に打ち上げる衛星そのものも重要ですが、衛星データを地上に伝送するための通信インフラも重要です。

これまでの人工衛星の運用では、運用する衛星の軌道などの条件から通信可能な土地を選定し地上局を建設する、もしくは既存の地上局を保有するプロバイダーと契約する必要がありました。

多額のコストがかかる他、地上局とデータを処理するスーパーコンピューターなどが離れた場所にある場合データ転送に時間がかかり、結果的にユーザーへの情報提供に遅延が生じてしまいます。

この課題を解決するため、インフォステラはたった一度の連携だけで世界中の様々な場所にある地上局へのアクセスを提供する地上局プラットフォーム「StellarStation」を運営しています。

衛星サービス事業が増えるにつれ、地上局のニーズも高まっていくため、地上局事業に参入する企業も増えていきます。

そのような企業に向け、包括的なプラットフォームを提供することができれば、非常に大きなシェアを獲得できるでしょう。

スケールの大きなビジネスには、多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャー・キャピタルから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Ground Segment as a Service GSaaS StellarStation インフォステラ プラットフォーム プロバイダー 地上局ネットワーク 宇宙ビジネス 株式会社 衛星 衛星サービス 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

宇宙機開発事業などを手掛ける「PDエアロスペース」が1億円調達
2020年4月15日、PDエアロスペース株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 高度100kmに到達可能な「完全再使用型サブオービタル宇宙飛行機」の開発や、航空宇宙、自動車、I…
データ・セキュリティ技術を研究開発する「Acompany」が資金調達
2020年4月6日、株式会社Acompanyは、資金調達を実施したことを発表しました。 秘匿計算(秘密計算)技術とブロックチェーン技術を中心に、データ・セキュリティの研究開発を行う、名古屋大学・名古屋…
荷主と配送パートナーをつなぐプラットフォーム「PickGo」など提供の「CBcloud」が60億円調達
2021年12月17日、CBcloud株式会社は、総額約60億円の資金調達を実施したことを発表しました。 荷主と配送パートナーを直接つなぐプラットフォーム「PickGo」や、運送会社向け業務支援システ…
核酸医薬品の実用化を目指す「ルクサナバイオテク」が12.2億円調達
2021年12月16日、ルクサナバイオテク株式会社は、総額12億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 大阪大学で蓄積された核酸化学技術を基礎とし、安全かつ効果的な核酸医薬品の実用化を…
YouTube分析ツール「TUBERS」など提供の「クリエイターニンジャ」が資金調達
2021年12月16日、クリエイターニンジャ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 YouTube分析ツール「TUBERS」や、YouTubeマーケティングプラットフォーム、YouTube…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ