「メトロエンジン」がレンタカー業界向け在庫状況・販売価格一括管理システム「メトロコンダクター」 をリリース

tips

2022年1月7日、メトロエンジン株式会社は、「メトロコンダクター」をリリースしたことを発表しました。

「メトロコンダクター」は、レンタカー業界に特化した、在庫状況・販売価格を一括管理することができるサービスです。

一度の作業での、複数のOTA(オンラインの旅行会社)サイトの在庫状況と販売価格の一括管理を実現することで、効率化を図るサービスです。

OTAサイトの予約状況に応じた在庫調整が可能になるため、オーバーブッキングのリスクを抑えつつ在庫数の少ない車両を販売することができるようになります。

また、天気・イベント情報などのデータからAIが需要を予測し、最適な推奨価格を算出するダイナミックプライシング機能も搭載しています。

新型コロナウイルス感染症の流行により、様々な業界は大きなダメージを受けました。

特に観光業はインバウンド需要が消失し、国内の旅行需要も減少しました。

地方の観光地は駅・空港から遠い場所にあることが多く、二次交通が重要な役目を果たしています。

しかし地方の人口減によってバス・鉄道といった公共交通機関は減少しているため、旅行先での移動はレンタカーを利用する人が多くなっています。

目的地での移動手段としてレンタカーを利用する人は約70%と非常に多く、近年ではレンタカーを利用する訪日観光客も急激に増加しています。

またレンタカーはコロナ禍によって利用は減少しているものの、安心・安全なプライベート空間を保てる移動手段として評価が上がっており、新規利用者も増加しているようです。

多くの業界ではデジタル化やDXが推進されていますが、レンタカー業界においてもDXの波は押し寄せています。

特にレンタカーは予約・貸出・返却といった手続きが利便性に関わってくるため、顧客満足度の向上を目的としたデジタル化・DXが多い印象です。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI OTA ダイナミックプライシング メトロコンダクター レンタカー 一括管理 価格 効率化 在庫 旅行 観光 販売
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

検査AIのノーコード開発ツール「MENOU-TE」など提供の「MENOU」が2.5億円調達
2022年1月11日、株式会社MENOUは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 検査AIのノーコード開発ツール「MENOU-TE」や、検査AIの総合的な導入支援サービス「…
クラウドロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」を開発する「ラピュタロボティクス」が64億円調達
2022年4月20日、ラピュタロボティクス株式会社は、総額64億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ラピュタロボティクスは、次世代クラウドロボティクスプラットフォーム「rapyut…
AI英会話アプリ「TerraTalk」の開発元が2億円調達!
平成29年12月8日、ジョイズ株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI英会話アプリの「TerraTalk」を開発・提供しています。 発音や表現の出来などをAIが自動的に診…
農業支援・青果卸売事業展開の「Happy Quality」が1億円調達
2020年2月28日、株式会社Happy Qualityは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 農業における社会課題を、テクノロジーで解決するため、データドリブン農業の研究開発を行って…
運転代行マッチング・プラットフォーム「AIRCLE」運営の「Alpaca.Lab」が7,000万円調達
2020年3月9日、株式会社Alpaca.Labは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 運転代行マッチング・プラットフォーム「AIRCLE(エアクル)」を開発・運営しています…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ