クラウド営業支援ツール「Senses」 VC19社と提携してスタートアップ支援プランを提供開始

tips

2021年12月22日、株式会社マツリカは、提供するクラウド営業支援ツール「Senses」において、ベンチャーキャピタル19社と提携し、スタートアップ支援プランの提供を開始したことを発表しました。

この支援プランは、提携する各VCが出資するスタートアップ向けに最大50%割で「Senses」を提供するというものです。

「Senses」は、蓄積された情報からAIが営業の成功・失敗事例を解析し、いつ・誰に・何を・どのように行うかを直接的に支援する営業支援ツールです。

「提携VC」
Archetype Ventures、Cross Point、DNX Ventures、KUSABI、Mint、Next Blue、NTTドコモ・ベンチャーズ、Reality Acclerator、SMBCベンチャーキャピタル、いよぎんキャピタル、きらぼしキャピタル、ちばぎんキャピタル、ティーエスアイ、ニッセイ・キャピタル、フューチャーベンチャーキャピタル、マネックスベンチャーズ、三菱UFJキャピタル、東京理科大学インベストメント・マネジメント、如水ベンチャーズ。

これまでデジタル化や自動化は、単なるペーパーレス化や定形作業の自動化を指しました。

しかしAIといった最新技術の進展によって、複雑な作業やデータの分析においても効率化・自動化が進んでいます。

たとえば、従来の営業は営業担当者の能力や体力が重要で、担当者それぞれが独自のノウハウを持って業務にあたっていました。

しかし独自のノウハウは属人的なものであるため、担当者が他人に教える能力を持っていなかったり、後進の育成に関する学習を行わなかった場合、ノウハウは受け継がれることがなく、そのまま失われてしまいます。

また営業に関するデータも担当者それぞれのローカルに保存されていたり、社内の共有フォルダにあったりと散らばっており、必要なデータにアクセスできないという状況にある企業も少なくありません。

そこで近年活用が進んでいるのが、MA(マーケティングオートメーション)や、SFA(セールスフォースオートメーション)、CRM(顧客関係管理)といった営業支援ツールです。

スタートアップなど人材においてもリソースの足りない企業では、このようなツールを効果的に活用し、利益を最大化する取り組みが重要です。

営業は、企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は、満足できる営業を行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Senses VC クラウド スタートアップ支援 ツール ベンチャーキャピタル マツリカ 営業 提携 支援 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

出世払い型(ISA)テックセールス養成スクール「TECH SALES CAMP」開発の「WorX」が4,000万円調達
2021年7月29日、WorX株式会社は、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 出世払い型(ISA)テックセールス養成スクール「TECH SALES CAMP」を開発しています…
インフルエンサー・エージェント「アナライズログ」が「東映アニメーション」から資金調達
2019年12月20日、株式会社アナライズログは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東映アニメーション株式会社です。 アナライズログは、YouTuberなどインフルエンサーのエージェン…
高機能性ペプチドDRPを用いた創薬を展開する「Veneno Technologies」が2億円調達
2022年1月25日、Veneno Technologies株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 高機能性ペプチドDRPを用いた創薬を中心に事業を展開しています。 DRP分子…
顧客データ統合ツール「MAGNET CDP」がノーコード・データベース・サービス「Airtable」とAPI連携開始
2021年3月24日、株式会社KIYONOは提供する「MAGNET CDP」において、Airtableが提供する「Airtable」とのAPI連携を2021年4月から開始することを発表しました。 KI…
社会課題の解決を目指すパートナーに出会えるマッチングプラットフォーム開発・運営の「ICHI COMMONS」が1.2億円調達
2021年10月6日、ICHI COMMONS株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会課題の解決を目指すパートナーに出会えるマッチングプラットフォーム「ICHI…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ