注目のスタートアップ

次世代の作物栽培システム「宙農(そらのう)」開発の「TOWING」が1.4億円調達

company

2021年12月20日、株式会社TOWINGは、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

次世代の作物栽培システム「宙農(そらのう)」を開発しています。

環境に配慮した人工土壌「高機能ソイル」を活用した次世代の作物栽培システムです。

高機能ソイルは、植物の炭などの多孔体に微生物を付加し、有機質肥料を混ぜ合わせてつくられた人工土壌です。

有機質肥料を高効率に無機養分に変換できること、約1カ月と非常に短い期間で良質な土壌をつくれること、廃棄・焼却される植物残渣の炭化物を材料にできることを特徴としています。

高機能ソイルを活用した持続可能な畑を増やすことで、環境負荷の少ない効率的な食料増産の実現を目指しています。

また、月面や火星の土をベースとした高機能ソイルを開発し、宇宙においても栽培可能なシステムの実現を目指します。

今回の資金は、自社農園の立ち上げと「宙農」の実証実験、人材採用などに充当されます。

2020年、世界では紛争や新型コロナ・異常気象などによる経済的ショックにより、少なくとも1億5,500万人もの人間が急性食糧不安に陥りました。

この食糧危機問題を解決するためには、社会的・環境的・経済的に持続可能な農業システムを構築し普及させることが必要です。

農業では畑を耕すことが常識でした。畑を耕すことで酸素を供給し有機物の分解を速め、土壌の栄養素を高めるためです。

耕作は不毛と思われていた土地における農業を可能としました。しかし耕作は土壌の劣化を招くということが、近年明らかになってきました。

また、土壌の中にある有機物が待機に放出されると、地球温暖化を加速させるという弊害もあります。

土壌学ではこういった課題を解決することを目的とした研究があり、不耕起栽培という畑を耕さない方法も生み出されました。

不耕起栽培は耕すためのトラクターを必要としないことや、風雨による土壌流出のリスクが低いことなどがメリットとなっています。

しかし土壌・気候条件が限定されることが課題となっており、世界のどこでも作物の栽培が可能となる農業システムはいまだ必要とされています。

医療や農業など、様々な社会課題が喫緊の問題として迫ってきていますが、AIなどの最新技術の台頭や、スマートフォンなどの普及により、アイデア次第で社会課題をスマートに解決できる状況となっています。「冊子版創業手帳」では、社会課題をビジネスで解決することを目指している起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考や手法を知ることは、新たなビジネスの創造に役立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ TOWING アグリテック システム トーイング 宇宙 宙農 株式会社 栽培 植物 次世代 資金調達 農業 食糧危機
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

社会貢献型フード・シェアリング・プラットフォーム運営の「クラダシ」が長野県松本市と環境省モデル事業の実施を開始
2020年12月4日、株式会社クラダシは、長野県松本市と環境省モデル事業の実施を開始することを発表しました。 クラダシは、社会貢献型フード・シェアリング・プラットフォーム「KURADASHI」を運営し…
無料の消防点検管理ソフト運営の「スマテン」が1.3億円調達
2020年6月17日、株式会社スマテンは、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 無料で使える消防点検管理ソフト「スマテン」を運営しています。 消防設備点検管理業務をWeb上で…
子供向けオンラインスポーツ教室「へやすぽ」展開の「PAPAMO」が5,600万円調達
2021年9月27日、PAPAMO株式会社は、総額5,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 子供向けオンラインスポーツ教室「へやすぽ」を運営しています。 家にいながら、鉄棒や球技などの子…
出張業務効率化SaaS「AI Travel」提供の「AIトラベル」が3億円調達
2022年2月2日、株式会社AIトラベルは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 出張業務効率化SaaS「AI Travel」を提供しています。 予約・精算の手間の削減、出張データの一…
金融工学×AIの「MILIZE」が金融・経済メディア運営の「ZUU」と資本業務提携
2021年4月23日、株式会社MILIZEは、株式会社ZUUと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 MILIZEは、AIを活用した売上予測ツールや、投資判断ツール、トレーディング支援ツールか…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ