注目のスタートアップ

ふるさと納税の返礼品としてNFT活用を推進する「あるやうむ」が2,100万円調達

company

2021年12月17日、株式会社あるやうむは、総額2,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ふるさと納税の返礼品としてNFTがもらえるプラットフォームを開発しています。

自治体の税収増・交流人口の増加や、NFT情報格差の解消・分散化、NFT・暗号資産の社会的地位の向上を目的としています。

今回の資金は、ふるさと納税の返礼品にNFTを採用するソリューションの自治体への営業や、ふるさと納税の返礼品としてNFTがもらえるプラットフォームの開発に充当されます。

NFT(Non-Fungible Token, 非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することにより、デジタルデータに唯一無二な資産的価値を付与する技術/コト/モノを指します。

デジタルデータが改竄されていないことを証明できるため、コピー・改竄・海賊版などといった課題を解決することができます。

NFTは、デジタルアートの取引や、アニメーション作品のセル画やデジタルアートの限定販売などにおいて活用されています。

今回のあるやうむのアイデアは、NFTアートなどをふるさと納税の返礼品にするといったことであると考えられます。

これまでのふるさと納税の返礼品は資産価値のないものがほとんどでしたが、NFTはそうではありません。

もし海外の人も欲しがるようなNFTを返礼品として用意できた場合、ふるさと納税によって外貨を稼ぐこともできます。

またあるやうむは、ブロックチェーン関連技術の知見は東京に集中しており、地方自治体・企業のアクセスが難しい状況にあると考えています。

今回のふるさと納税の返礼品にNFTを採用することで、これらの情報格差を是正したいという狙いもあるようです。

株式会社あるやうむ 代表取締役 畠中博晶氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社あるやうむ 代表取締役 畠中博晶氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的はなんですか?

今回の資金調達には、3つの目的があります。

1.自治体向け営業資金にあてるため
2.弊社が真剣にふるさと納税とNFTを組み合わせるつもりがあることを内外に示すため
3.札幌という地方都市の会社でもまっとうな条件で資金調達できることを示し、地方の起業家を勇気づけるため 

・今後の展望を教えください。

まずは自治体にNFTソリューションを提供し、既存のふるさと納税サイトにNFTを登録し、弊社が代理でNFTを送付する形で寄付を集め実績を作った後、弊社が開発したポータルサイトと契約を結びふるさと納税の受付とNFTの送付両方を弊社で担えたらと思っております。

・読者へのメッセージをお願いします。

私も一人の企業の代表として創業手帳は相当読み込んだので、今回の掲載がとても嬉しいです。

NFTのような先進知識は東京に集中しがちでありますが、そこに一石を投じ地方創生やブロックチェーンの本懐である分散化に貢献すべく尽力してまいります。札幌だけではなく、日本の色んな都市からWeb3.0の世界を牽引するプレーヤーが出てくるのが私の理想です。

また、弊社では「ふるさと納税×NFTはワシが育てた」という弊社のこのプロジェクトのファンと交流するDiscordサーバーを開設しております。

ここでは、Web3.0のオープンネスの理念に則り、また地方起業家と在京起業家の情報格差をなくすため、本資金調達に関する投資契約書や資本政策を、株主の同意を得て公開しています! 下記URLよりぜひ遊びに来て下さい!
https://discord.gg/Au5yQWekmv

最新の技術を活用したプロダクトの開発には優秀な人材が必要となります。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ NFT あるやうむ プラットフォーム ふるさと納税 暗号資産 株式会社 自治体 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

セミパーソナルジム「FLATTE」運営の「ファノーヴァ」が資金調達
2021年11月25日、株式会社ファノーヴァは、資金調達を実施することを発表しました。 OMO型セミパーソナルジム「FLATTE(フラッテ)」を運営しています。 1回370円から通うことができる1対少…
バーチャル空間構築プラットフォーム「XR CLOUD」など展開の「monoAI technology」が7.5億円調達
2022年1月31日、monoAI technology株式会社は、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 バーチャル空間構築プラットフォーム「XR CLOUD」や、スマートフ…
パワーポイント(スライド)を最短30秒でWebサイトに変換するSaaS「Slideflow」がリリース
株式会社デジタルレシピは、「Slideflow(スライドフロー)」の法人提供を2022年3月18日から開始したことを発表しました。 「Slideflow」は、パワーポイント(PowerPoint)もし…
エンターテインメント・ソリューション事業展開の「セガ エックスディー」とゲーム・アプリ開発の「オルトプラス」が業務提携
2020年10月26日、株式会社セガ エックスディーは、株式会社オルトプラスと共同で、「GDX(Gamification for Digital Transformation)」を開始したことを発表し…
BtoB受発注プラットフォーム「アイミツ」運営の「ユニラボ」が14.4億円調達
2020年11月16日、株式会社ユニラボは、総額14億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 BtoB受発注プラットフォーム「アイミツ」を運営しています。 システム開発、SaaS、マー…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ