注目のスタートアップ

ブロックチェーン技術基盤「KYUZAN Core」など提供の「Kyuzan」が2.6億円調達

company

2021年12月10日、株式会社Kyuzanは、総額2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ブロックチェーンプロダクトの開発を簡単かつ加速化する技術モジュール「KYUZAN Core」やNFT構築サービス「Mint」の提供、ブロックチェーンプロダクトのデザイン・開発・運用支援事業を展開しています。

株式会社GameWithと共同開発しているNFTゲームである「EGGRYPTO(エグリプト)」は、世界初のモバイルネイティブのNFTゲームとして2020年4月にサービスを開始し、2021年12月現在30万ダウンロードを突破しています。

今回の資金は、「Mint」と「EGGRYPTO」の成長のためのプロダクト開発と人材採用に充当される予定です。

NFT(Non-Fungible Token, 非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することにより、デジタルデータに唯一無二な資産的価値を付与する技術/コト/モノを指します。

これまでデジタルデータはコピーや改竄が容易だったため、音楽や漫画などのデジタルな著作データは海賊版や違法な流通に悩まされてきました。

インターネットとスマートフォンの普及によって、デジタルコンテンツ市場は拡大しています。

今後のさらなる拡大のためには、健全な流通システムを構築する必要があり、NFTはそのコア技術となると考えられています。

すでにNFTは、デジタルアートの取引や、アニメーション作品のセル画やデジタルアートの限定販売などにおいて活用されており、NFTゲームである「EGGRYPTO」もそのうちのひとつです。

以前からオンラインゲームにおいてはRMT(リアルマネートレーディング)といって、ゲームのアイテムやアカウントを現実のお金を使って売買する仕組みがありました。

しかしハッキングなどの不正行為と無縁ではないため禁止するゲームタイトルは多く、また非公式にRMTを運営する者も存在しています。

NFTゲームはこういった不正行為と不正な流通を防ぎ、現実のお金と交換可能なアイテム・アカウントの取引を実現することを主な目的としています。

どれほどの需要を獲得できるのかまだ予測はつきませんが、NFTゲームはNFT市場を大きく牽引すると考えられており、今後も様々なゲームタイトルが登場すると考えられます。

最新の技術を活用したプロダクトの開発には優秀な人材が必要となります。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EGGRYPTO Kyuzan KYUZAN Core Mint NFT NFTゲーム エグリプト エンターテインメント ゲーム ブロックチェーン 技術 支援 株式会社 構築 資金調達 非代替性トークン
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

建設・土木の生産支援クラウド提供の「フォトラクション」が「ランドデータバンク」提供の建設業界向け金融サービスと連携開始
2020年12月15日、株式会社フォトラクションは、株式会社ランドデータバンクと連携することを発表しました。 フォトラクションは、建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクショ…
フリーランスIT人材のマッチングサービス「フリエン」などを展開する「アン・コンサルティング」が1.1億円調達
2022年11月16日、アン・コンサルティング株式会社は、総額1億1,135万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アン・コンサルティングは、フリーランスIT人材のマッチングサービス「フリエン」…
中国を中心とした越境ビジネスプラットフォームを展開する「トレンドExpress」が33億円調達
2022年10月19日、株式会社トレンドExpressは、総額約33億円の資金調達を実施したことを発表しました。 トレンドExpressは、顧客企業の中国市場への参入を支援するため、データ解析による中…
オリーブ生産事業を核に6次産業化事業などを進める「CREA FARM」が資金調達
2022年7月7日、株式会社CREA FARMは、資金調達を実施したことを発表しました。 CREA FARMは、オリーブ生産事業、オリーブ加工商品の開発・販売事業、観光農園事業、ワンストップコンサルテ…
ウェルビーイングの現状の可視化と改善を支援する「ポケットセラピスト」などを提供する「バックテック」が4億円調達
2022年10月24日、株式会社バックテックは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 バックテックは、医学的根拠にもとづき組織・社員ウェルビーイングを実現するプラットフォーム「ポケットセ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ