注目のスタートアップ

ブロックチェーン技術基盤「KYUZAN Core」など提供の「Kyuzan」が2.6億円調達

company

2021年12月10日、株式会社Kyuzanは、総額2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ブロックチェーンプロダクトの開発を簡単かつ加速化する技術モジュール「KYUZAN Core」やNFT構築サービス「Mint」の提供、ブロックチェーンプロダクトのデザイン・開発・運用支援事業を展開しています。

株式会社GameWithと共同開発しているNFTゲームである「EGGRYPTO(エグリプト)」は、世界初のモバイルネイティブのNFTゲームとして2020年4月にサービスを開始し、2021年12月現在30万ダウンロードを突破しています。

今回の資金は、「Mint」と「EGGRYPTO」の成長のためのプロダクト開発と人材採用に充当される予定です。

NFT(Non-Fungible Token, 非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することにより、デジタルデータに唯一無二な資産的価値を付与する技術/コト/モノを指します。

これまでデジタルデータはコピーや改竄が容易だったため、音楽や漫画などのデジタルな著作データは海賊版や違法な流通に悩まされてきました。

インターネットとスマートフォンの普及によって、デジタルコンテンツ市場は拡大しています。

今後のさらなる拡大のためには、健全な流通システムを構築する必要があり、NFTはそのコア技術となると考えられています。

すでにNFTは、デジタルアートの取引や、アニメーション作品のセル画やデジタルアートの限定販売などにおいて活用されており、NFTゲームである「EGGRYPTO」もそのうちのひとつです。

以前からオンラインゲームにおいてはRMT(リアルマネートレーディング)といって、ゲームのアイテムやアカウントを現実のお金を使って売買する仕組みがありました。

しかしハッキングなどの不正行為と無縁ではないため禁止するゲームタイトルは多く、また非公式にRMTを運営する者も存在しています。

NFTゲームはこういった不正行為と不正な流通を防ぎ、現実のお金と交換可能なアイテム・アカウントの取引を実現することを主な目的としています。

どれほどの需要を獲得できるのかまだ予測はつきませんが、NFTゲームはNFT市場を大きく牽引すると考えられており、今後も様々なゲームタイトルが登場すると考えられます。

最新の技術を活用したプロダクトの開発には優秀な人材が必要となります。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EGGRYPTO Kyuzan KYUZAN Core Mint NFT NFTゲーム エグリプト エンターテインメント ゲーム ブロックチェーン 技術 支援 株式会社 構築 資金調達 非代替性トークン
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ファイナンシャル・プランナー紹介などの「クロス・デジタル・イノベーション​」がスコアリング・モデルの特許を取得
2020年12月17日、株式会社クロス・デジタル・イノベーション​は、スコアリング・モデルの特許査定がなされたことを発表しました。 ファイナンシャル・プランナー相談/紹介サービスや、女性のためのマネー…
信頼でつながるキャリアSNS運営の「YOUTRUST」が4.5億円調達
2021年8月30日、株式会社YOUTRUSTは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 信頼でつながるキャリアSNS「YOUTRUST」を運営しています。 つながりのある人か…
VRライブプラット・フォーム「VARK」運営の「ActEvolve」が2億円調達
2019年8月7日、株式会社ActEvolveは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 VR専用のライブ・プラットフォーム「VARK」を運営しています。 今回の資金は、VTuberのラ…
AKB48運営の「AKS」が「B Dash Ventures」が出資
株式会社AKSが、B Dash Ventures株式会社から出資を受けました。 出資規模は非公開ですが、10億円未満とみられています。 AKSは、AKB48などのアイドル・グループを運営しています。 …
日本円デジタルコイン運営の「日本暗号資産市場」が4,000万円調達
2021年1月15日、日本暗号資産市場株式会社は、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年8月に、日本円・BTC・ETHで購入可能な事業者用前払式支払手段ERC20トー…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ