仮想通貨・ブロックチェーンメディア運営の「CoinPost」が映像製作スタジオ「NOMA」を率いる「EDLEAD」と業務提携

tips

2021年12月2日、株式会社CoinPostは、EDLEAD inc.と業務提携契約を締結したことを発表しました。

CoinPostは、仮想通貨・ブロックチェーンメディア「CoinPost」を運営しています。

EDLEADは、日本の映画監督・VFXディレクターの太一氏がCEOを務める企業です。2016年に国際映像スタジオ「NOMA」を始動し、企画開発から運営管理まで、映像製作の全てをチーム内で完結させることができることを特徴としています。

今回の提携により、ブロックチェーン技術やNFT関連技術を活用した新たな映画のあり方を創出するプロジェクト「THE RHETORIC STAR(ザ・レトリック・スター)」を始動します。

これまでの映画業界ではなかったような新たな資金調達の形や、映画へのNFT関連技術への活用を、アイデアから実装までをCoinPostが一貫してサポートします。

また、プロモーションを含むマーケティング活動についてもNFTを活用する予定です。

NFT(Non-Fungible Token, 非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することにより、デジタルデータに唯一無二な資産的価値を付与したデジタルデータです。

これまで画像や音声などのデジタルデータはコピーや改竄が容易でした。

そのためデジタルな著作物である、ゲームや、音楽、漫画などでは海賊版が横行しており、大きな課題となっています。

インターネット上での人間の活動が増えてくるにつれ、この課題はより一層深刻なものとなっており、健全なデジタル市場を構築するためには、デジタルデータの改竄を防ぐような技術が必須となっていました。

そこで注目されたのがブロックチェーン技術です。ブロックチェーン技術はデジタルデータが改竄されていないことを証明できるため、これを活用した唯一無二な資産的価値をもったデジタルデータであるNFTが生まれました。

NFTはデジタルな著作物の流通では必要不可欠な技術となると考えられています。

「THE RHETORIC STAR」がどのようにNFTを活用するのかはまだ明らかにはなっていませんが、NFTの可能性を示すものとして注目が必要かもしれません。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ CoinPost EDLEAD NFT NOMA スタジオ ブロックチェーン 仮想通貨 映像 映画 株式会社 業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウド製品マスター「Lazuli PDP」を提供する「Lazuli」が5億円調達
2022年4月21日、Lazuli株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Lazuliは、AI技術を活用したクラウド製品マスター「Lazuli PDP(Product Data…
企業のメンタル・ヘルス課題を解決するクラウド・サービス提供の「メンタルヘルステクノロジーズ」が2.4億円調達
2020年4月27日、株式会社メンタルヘルステクノロジーズは、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 働き手のメンタル・ヘルス予防のためのクラウド・サービス「ELPISシリーズ…
次世代ゲノム解析サービス開発の「Zene」が5,000万円調達
2021年3月8日、株式会社Zeneは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、次世代ゲノム解析サービス「Zene360」をB2B/B2E向けに提供するため、サービス利用の募集を…
分析テンプレートを選ぶだけで高度なAI分析ができるSaaS提供の「datagusto」が8,500万円調達
2021年5月24日、株式会社datagustoは、総額8,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIによる高度な分析を、分析テンプレート(レシピ)を選ぶだけで簡単に行えるSaaS「da…
京都でシェアサイクル「PiPPA」を展開する「Clew」が資金調達
2022年6月6日、株式会社Clewは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社京都銀行と京銀リース・キャピタル株式会社が協働で設立した「京銀未来ファンド3号 for SDGs」と、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ