注目のスタートアップ

微生物群「コムハム」を用いたバイオマスリサイクルシステムを構築する「komham」が「KOBASHI HOLDINGS」と資本業務提携

company

2024年2月27日、株式会社komhamは、KOBASHI HOLDINGS株式会社と資本提携に合意したことを発表しました。

KOBASHI HOLDINGSとはすでにものづくりにおける包括的な業務提携を開始しています。

komhamは、微生物群「コムハム」の研究と、それを用いたバイオマスリサイクルシステムの構築を手がけています。

また、研究成果を用い、新規サービスや商品開発を積極的に推進しています。

2024年に、生ゴミ処理状況を観測しソーラー発電で自動駆動する「スマートコンポスト」を100台限定で販売する予定です。

KOBASHIは、1910年に創業した農業機器メーカーです。ものづくりで培ってきたノウハウをスタートアップに提供し、試作開発から量産・メンテナンスまで、ものづくりの各プロセスを包括的に支援するサービスを提供しています。

資本業務提携により、両社の持つ技術・知見をかけ合わせ、生ゴミ処理におけるCO2排出量実質ゼロのシステム実用化を加速させます。


食品製造の過程で発生する生ゴミなどは発生が避けられない廃棄物です。

この有機性廃棄物は他の廃物とは異なる特徴を有しています。それは時間経過によって腐敗するため、長期間の保存ができず、即座に処理する必要があるという点です。

近年は、SDGsの推進によってより環境負荷の低い処理方法が推進されています。そして廃棄物を積極的に飼料や堆肥として有効利用する取り組みも求められています。

微生物を利用した分解処理は、スタンダードな有機性廃棄物の処理方法です。

微生物を利用した分解処理は、電気といったエネルギーの利用が最低限で済むことから、環境負荷が低い処理方法として重要な存在です。

一方、完全に処理されるまでに3週間から4週間程度かかり、その間腐敗臭があること、腐敗臭対策のため処理施設を設置できる場所が限定されることといった課題を抱えています。

komhamの微生物群「コムハム」を用いたバイオマスリサイクルシステムは、わずか1日で投入した有機性廃棄物の98%程度を水と二酸化炭素に分解し、必要な分だけを堆肥として残せる、高速で分解されるため臭気がない、といった特徴があり、既存の微生物を利用した分解処理の課題を克服しています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB KOBASHI HOLDINGS komham ゴミ スマートコンポスト バイオ バイオマス リサイクル 処理 分解 堆肥 廃棄物 微生物 技術 有機性廃棄物 有機物 株式会社 生ゴミ 産業廃棄物 資本提携 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

商用EV車両の製造・販売を行う「EVモーターズ・ジャパン」が6億円調達
2022年8月31日、株式会社EVモーターズ・ジャパンは、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 EVモーターズ・ジャパンは、商用EV車両(バス・トライク・物流車)を製造・販売しています。…
モノの貸し借りアプリ「Alilce.style」運営の「ピーステックラボ」が「長野銀行」と業務提携
2021年11月18日、株式会社ピーステックラボは、株式会社長野銀行と業務提携契約を締結したことを発表しました。 BtoC・CtoCのモノの貸し借りアプリ「Alilce.style(アリススタイル)」…
金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」など提供の「マネーツリー」が26億円調達
2021年5月11日、マネーツリー株式会社は、総額26億円の資金調達を実施したことを発表しました。 金融データを包括的に提供するプラットフォーム「Moneytree LINK」や、家計管理アプリ「Mo…
住宅建築の施工改善クラウド「QualiZ」を提供する「NEXT STAGE」が2億円調達
2023年4月3日、株式会社NEXT STAGEは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 NEXT STAGEは、ヒンシツアナリティクスクラウド「QualiZ(クオリツ)」を提供してい…
クラウド型ワークフローを提供する「kickflow」が「HENNGE」から業務提携を前提とした資金調達を実施
2023年8月18日、株式会社kickflowは、HENNGE株式会社から業務提携を前提とした資金調達を実施することを発表しました。 kickflowは、クラウド型ワークフロー「kickflow」を提…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】