注目のスタートアップ

ブロックチェーン開発プラットフォーム「blockchainBASE」など提供の「Ginco」が5.7億円調達

company

2021年11月30日、株式会社Gincoは、総額約5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ブロックチェーン開発プラットフォーム「blockchainBASE」や、オールインワンのNFTサービス基盤「NFT BASE」、セキュリティトークン事業の立ち上げからシステム導入まで一貫してサポートする「Ginco Securities Wallet」、仮想通貨管理アプリ「Ginco」など、ブロックチェーン領域のサービス・プロダクトを提供しています。

今回の資金は、人材採用や、組織体制の強化、各種プロダクトの開発の強化などに充当されます。

ブロックチェーンは暗号資産(仮想通貨)の基盤として活用されている技術です。

非中央集権の実現と改竄されていないことを証明できるという性質から、デジタル時代のインフラになる技術であると考えられています。

たとえば今般、様々な観点から注目されているものにNFT(非代替性トークン)があります。

NFTとは、これまでコピーや改竄が用意だったデジタルのモノ(画像データ・音声データなど)において、ブロックチェーン技術を活用し改竄されていないことを証明することで、デジタルなモノを唯一無二のものとし価値をもたせる技術/もたせたモノを指します。

ゲームや音楽業界ではデジタル作品の海賊版の流通が大きな問題となっていますが、NFTが普及すればこの問題はほぼなくなることになります。

また、Webサイトなどでの画像の不正使用などもなくなるほか、使用料の簡易な支払い・分配を実現する経済圏の構築なども実現できます。

ほかにもブロックチェーンは物流管理プラットフォームなど幅広い領域への活用が期待されている技術です。

しかしその技術の難解さからブロックチェーン技術者が少ないという課題があります。

人材がいないせいでブロックチェーンを活用したプロダクトを開発したくてもできないという事態も考えられます。

そのためブロックチェーン技術を活用する企業を増やし社会実装を進めるためには、「blockchainBASE」のようなブロックチェーン開発基盤は欠かせないのです。

研究開発系のビジネスは、資金量が開発の成長に直結します。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ blockchainBASE Ginco NFT NFT BASE アプリ プラットフォーム ブロックチェーン 仮想通貨 株式会社 資金調達 開発 開発基盤
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

テレワーク人材マッチング・プラットフォーム運営の「Remoteoffer」とオンライン秘書サービス提供の「your team.」が業務提携
2020年10月16日、株式会社Remoteofferは、your team.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 Remoteofferは、リモートワーク・テレワーク人材に特化したSaaS型…
在宅透析のAIモニタリングツール「PD Doctor’s Eye」提供の「METRICA」が1億円調達
2021年8月11日、METRICA株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 腹膜透析(PD)の遠隔管理支援システム「PD Doctor's Eye」を提供しています。 カメラを…
D2Cウェルネスブランド「TENTIAL」・スポーツ情報メディア「SPOSHIRU」運営の「TENTIAL」が5億円調達
2021年9月15日、株式会社TENTIALは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 D2Cウェルネスブランド「TENTIAL」と、スポーツ情報メディア「SPOSHIRU」を運営していま…
創薬ベンチャーの「ジェイファーマ」が5億円調達
2021年1月7日、ジェイファーマ株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 細胞膜表面のSLCトランスポーターを創薬標的とした創薬ベンチャーです。 トランスポーターとは、細胞の生…
子供向けオンライン読書教育の習い事サービス「ヨンデミーオンライン」提供の「Yondemy」が1億円調達
2021年11月9日、株式会社Yondemyは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 子供向けオンライン読書教育の習い事サービス「ヨンデミーオンライン」を提供しています。 5〜15歳を対…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ