CAEにAIと高性能計算技術を適用することでものづくりのプロセスを最適化する「科学計算総合研究所」が3億円調達

company

2021年11月17日、株式会社科学計算総合研究所(RICOS)は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

CAE(Computer Aided Engineering)にAIと高性能計算の技術を組み合わせることで、製品設計の効率化と高付加価値化を実現するアルゴリズム「IsoGCN(アイソジーシーエヌ)」を提供しています。

「IsoGCN」は、流体の流れや熱伝導など様々な物理現象を高速にシミュレーションできるため、製品設計を加速させることができます。

今回の資金は、「IsoGCN」を組み込んだSaaS型プラットフォーム「RICOS Production Suite」の開発の推進や、AIアルゴリズムの精度向上のための研究開発や、人材採用に充当される予定です。

製造業における製品設計では、CAE(コンピューターを用いた仮想試作・仮想試験)は欠かすことのできないプロセスのひとつです。

CAEは、設計段階でその製品が性能的に問題ないか物理シミュレーションを行い、工程設計の事前検討を支援することを目的としています。

設計段階では、強度の問題や熱の問題が発生するため、CAEでは荷重・振動や、熱伝導、流体の流れをシミュレーションします。

CAEは製品設計の効率化を目的としているのですが、高精度なシミュレーションを行うと計算時間が非常に長くなってしまい、結果的に製品設計の時間がかかってしまうことが課題となっています。

そのため高速でシミュレーションを行えるCAEが求められています。

AIは様々な領域で活用されていますが、もちろんCAEにも適用することができ、学習が進んだことによって従来とは比べ物にはならないほど高速なシミュレーションが実現されています。

AIは様々な領域でサービスを高度化させています。業務効率化に大きく貢献するサービスもあるため、自社に最適なものを導入すると良いでしょう。「冊子版創業手帳」では、社内システムの構築のノウハウについて詳しく解説しています。業務効率を向上させるツールを導入し、ビジネスを加速させましょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI CAE RICOS アルゴリズム シミュレーション ものづくり 効率化 技術 株式会社 科学計算総合研究所 製品 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

葬儀関連サービス提供の「公益社」が「葬儀へのリモート参列サービス」を本格導入
2020年7月10日、燦ホールディングス株式会社は、完全子会社の株式会社公益社が「葬儀へのリモート参列サービス」を本格導入することを発表しました。 公益社は、首都圏と近畿圏を地盤とし、48の葬祭会館を…
産業向けドローン・サービス提供の「テラドローン」が15.1億円調達
2021年2月15日、テラドローン株式会社は、総額15億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 空撮、測量、点検、データ分析、運行管理などの産業向けドローン・サービスを提供しています。…
不動産テックの「Housmart」が3億円調達!
平成30年9月26日、株式会社Housmartは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 中古マンションをスマートに購入できるアプリ「カウル」を運営しています。 機械学習などのテクノロジ…
AI画像解析で栄養素を数値化する「カロミル」の運営元が1.7億円調達
ライフログテクノロジー株式会社は、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先の1社である、株式会社アドバンテッジリスクマネジメントとは業務提携も締結したことも発表しま…
クリエイター向けポートフォリオ・サービス「foriio」の運営元が5,000万円調達
株式会社1ne studioは、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クリエイターのためのポートフォリオ・サービス「foriio(フォリィオ)」を運営しています。 誰でも簡単に…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ