「VoicePing」が2.3億円調達 バーチャルオフィスSaaS「VoicePing 2.0」をリリース

company

2021年11月16日、VoicePing株式会社は、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、2021年11月16日に、バーチャルオフィスサービス「VoicePing 2.0」をリリースしたことも併せて発表しました。

「VoicePing 2.0」は、平面のバーチャルオフィス上で、音声・チャットなどによるコミュニケーションや、チームコラボレーションなどが行えるバーチャルオフィスサービスです。

コミュニケーションだけでなく、メンバーの活動状態を可視化するワークスペース機能や、メンバーの活動ログを短・長期スパンで確認できる、生産性管理機能、共同作業機能などにより、チームによる仕事を支援します。

AI技術を活用した高精度のリアルタイム文字起こし機能と自動翻訳機能を利用できるため、会議の内容を発言者の名前とともに自動でテキストに起こし議事録を作成することができます。

新型コロナウイルス感染症の流行により、企業では急激にテレワークが普及しました。

これまで現実のオフィスを前提とした業務を行っていたため、テレワーク環境では様々な問題が生じました。

特にコミュニケーションの問題は多くの企業を悩ませることとなりました。

現実のオフィスでは、チームメンバーがどこでなにをしているのかがすぐに把握することができ、話しかけてもいいタイミングを見計らって話しかけることも容易です。

しかしテレワーク環境でのコミュニケーション手段は、チャットツールなどのテキストコミュニケーションや、Web会議ツールなどによるライブ動画によるコミュニケーションに限られてしまいます。

そのためテレワーク環境では、現実のオフィスにおけるコミュニケーションの利便性を実現したサービスのニーズが高まりました。

そこで登場したのがバーチャルオフィスサービスです。

バーチャルオフィスは、リッチな3DCGによってオフィスを再現したものや、「oVice」や「VoicePing 2.0」のように平面のオフィス空間のものなどがあります。

3DCGのバーチャルオフィスサービスは、高スペックのPCと高品質なインターネット回線が必要となるため、現状では普及する可能性が低いと考えられます。

しかし平面のバーチャルオフィスは通信量が少なくすむよう設計されており、また現実のオフィスと同じように、メンバーの状態がひと目でわかるようになっており、気軽に話しかけることができる空間となっています。

そのため、テレワーク時代のチームコラボレーションでは基盤となるサービス/プラットフォームとなる可能性を秘めています。

テレワークなど新たな働き方のためにはコミュニケーションツールなどICTツールの導入が必要です。「冊子版創業手帳」では、創業期における社内システムの構築について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SaaS VoicePing VoicePing 2.0 コミュニケーション コラボレーション チーム チャット バーチャルオフィス 文字起こし 株式会社 資金調達 音声
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「東急電鉄」が社会実装に特化したオープン・イノベーション施設「SOIL」を開設
東京急行電鉄株式会社は、「SOIL(Shibuya Open Innovation Lab)」の通常運用を2019年7月16日から開始したこと発表しました。 「SOIL」は、スタートアップ企業や大企業…
都市型レジャー予約アプリ「FunNow」運営の「ファン・ナウ・ジャパン」と飲食店向け予約管理システム「ebica」運営の「エビソル」が業務提携
2020年10月5日、株式会社ファン・ナウ・ジャパンは、株式会社エビソルと業務提携したことを発表しました。 ファン・ナウ・ジャパンは、台湾発東アジア最大級の都市型レジャーの即時予約アプ…
バイオインフォマティクス解析プラットフォーム「ANCAT」開発・提供の「アンプラット」が4,000万円調達
2021年4月15日、株式会社アンプラットは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 バイオインフォマティクス解析プラットフォーム「ANCAT」を開発・提供しています。 各研究チー…
乳房用画像診断装置を開発する「Lily MedTech」が9.3億円調達
株式会社Lily MedTechは、総額約9億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リング型の超音波を用いた革新的乳房用画像診断装置を開発しています。 現在、乳がん検査には、X線マン…
アート専門Webメディアなど運営の「KAMADO」が資金調達
2021年5月31日、株式会社KAMADOは、資金調達を実施したことを発表しました。 アート専門のWebマガジン「KAMADO」や、アート作品・プレゼントがもらえるかもしれない抽選サービス「KUJI」…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ