脳神経科学を応用した感情分析サービスを提供する「SandBox」が3,000万円調達

company

2021年11月15日、株式会社SandBoxは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

脳波による感性分析サービス「ノウミーリサーチ」と視線推定AI「ノウミーマップ」を提供しています。

対象者に専用のヘッドギアを装着し感性を時系列データとして取得することで、ユーザー調査などにおける忖度や無意識などの課題を解決するサービスです。

「ノウミーマップ」は、脳の分析技術を用いた、画像データのみから人間の注意・意識の傾向を推定するサービスです。

今回の資金は、視線・感情推定の技術開発の推進に充当されます。

企業がマーケティング活動を行う際には、市場・競合の状況や消費者のニーズの把握などが必要となります。

消費者のニーズの把握のためには様々な調査があります。

質の高い情報を得ることを目的とした定性調査は、商品パッケージデザインの決定などにおいて採用される調査方法です。

商品パッケージを決めるには、パッケージデザインを20~30案ほど作り、消費者に実際に見てもらってデザインの絞り込みを行うというものです。

しかしこの方法には、忖度などの大きなバイアスがかかってしまい定量的な判断がしにくいという課題があります。

SandBoxは、人間の脳波を分析して感情・感性を可視化することにより、定性調査における定量的なデータの取得を実現するサービスを提供しています。

専用の装置を頭に取りつけて脳波を分析するサービスは想像がしやすいかもしれません。SandBoxはさらに一歩踏み込み、これまでの脳波分析データや視線データといったビッグデータを活用した、視線・感情推定AI「ノウミーマップ」も提供しています。

専用のデバイスなど必要とせず、画像データただひとつだけで人間の注意・意識を推定することができるため、安価に商品パッケージを分析することができます。

このような、脳科学の知見とテクノロジーを組み合わせた領域はブレインテックと呼ばれており、定量的なデータが得にくいマーケティングや、医療、教育などの分野で実用化に向けた取り組みが進んでいます。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。特にSNSマーケティングはリアルな顧客な声を聞けることが大きなメリットです。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SandBox アンケート ニューロサイエンス ブレインテック ユーザー調査 感性 感情 株式会社 神経科学 脳波 脳神経科学 視線 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」と大容量・高出力蓄電池「Tesla Powerwall」をパッケージ提供するサブスクプランが開始
2021年11月9日、株式会社シェアリングエネルギーは、「シェアでんき」と「Tesla Powerwall」をパッケージ提供する新サービスを発売することを発表しました。 シェアリングエネルギーは、太陽…
難発現性タンパク質を大量生産できる生産プラットフォームを展開「KAICO」が資金調達
2020年5月26日、KAICO株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 九州大学のオリジナル・カイコを利用しカイコ・バキュロウイルス発現法により、生医療用研究試薬やワクチン、診断薬などの大…
次世代ゲノム解析サービス開発の「Zene」が5,000万円調達
2021年3月8日、株式会社Zeneは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、次世代ゲノム解析サービス「Zene360」をB2B/B2E向けに提供するため、サービス利用の募集を…
発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」と「きちりホールディングス」が資本業務提携
2020年10月22日、DAIZ株式会社は、株式会社きちりホールディングスと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。 …
“いいね”の数で割引きにしてもらえるサービス運営の「LikePay」が1,000万円調達
2019年7月10日、株式会社LikePayは、総額1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SNSの“いいね”の数で割引きしてもらえるサービス「LikePay」を提供しています。 In…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ