注目のスタートアップ

訪問看護・介護の訪問スケジュール調整を自動化するクラウドサービス「ZEST」を提供する「ゼスト」が7.6億円調達

company

2022年8月10日、株式会社ゼストは、総額約7億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ゼストは、訪問看護・介護・診療の最適な訪問スケジュールを自動割当するクラウドサービス「ZEST」を開発・提供しています。

訪問看護などにおけるスケジュール調整では、シフト、利用者の希望、スタッフの技能・スキル、最短ルート、勤務時間など、さまざまな要素を考慮する必要がありますが、「ZEST」はこれらすべてを顧慮したスケジュールを自動作成することを最大の特徴としています。

これにより、月40時間かかっていたスケジュール調整が、月1.6時間へと大幅に短縮されます。

また、人・時間のリソースを最大化するため、空いたリソースによって訪問を増やすことができ、売上アップを実現します。

今回の資金は、体制・品質強化、新規サービス・新機能の開発に充当します。

訪問看護や訪問介護では効率的な訪問スケジュールの作成が重要です。

訪問スケジュールの作成は、訪問先の希望、訪問時間、勤務時間、スタッフのスキル、ルートの最適化など、さまざまな要素を考慮する必要があります。

しかし、多くの場合、訪問スケジュールは管理者・担当者によってエクセルなどの表計算ソフトを利用して作成されており、非常に負担のかかる業務となっています。

ゼストは、この訪問スケジュールの課題を解決するため、訪問スケジュールを最適化するクラウドサービス「ZEST」を提供しています。

単純なルート最適化だけでなく、希望の訪問時間や訪問スタッフの性別希望など利用者側の希望、スタッフのスキルや勤務時間など訪問者側の事情をすべて考慮し、スケジュールを最適化することが特徴です。

2021年10月時点では、在宅介護を受けている人は約400万人で、施設利用者は約96万人となっています。

在宅介護を受ける人のほうが多いため、その分訪問介護のニーズも高いといえます。

また、今後介護や医療を受けることになる場合に自宅での介護・療養を選ぶ人の割合が高いこともいくつかの調査でわかっています。

そのため高齢化の進展によって、訪問介護・訪問看護のニーズは高まり続けると考えられます。

スタートアップや中小企業はコストの面から複数のサービスを導入することが難しいかもしれません。そのためもっとも負担がかかっている業務から効率化することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ZEST シフト スケジュール ゼスト ルート 作成 最適化 株式会社 自動化 訪問介護 訪問看護 訪問診療 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

犯罪予測システム開発の「Singular Perturbations」が1億円調達
2021年11月24日、株式会社Singular Perturbationsは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自手法を含む高精度・高速な犯罪予測アルゴリズムをもととした犯罪予測…
遊休農地を活用した「シェア畑」など農業ビジネス展開の「アグリメディア」が4.5億円調達
2019年11月1日、株式会社アグリメディアは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 遊休農地を活用した、サポート付きの市民農園「シェア畑」や、農業求人サイト「あぐりナビ」、…
「Queue」がテレワーク・在宅ワーク対応のパフォーマンス可視化ツール「Remonade」をリリース
2020年1月23日、株式会社Queueは、「Remonade」をリリースしたことを発表しました。 「Remonade」は、テレワーク・在宅ワーク対応のパフォーマンス可視化ツールです。 毎日のタスク…
化学薬品不使用・短時間の加水分解技術を保有する「日本ハイドロパウテック」が3.1億円調達
2022年4月1日、日本ハイドロパウテック株式会社は、総額3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、フェアトレードカカオなどを取り扱う商社である株式会社立花商店などです。 …
「Jitera」が3.2億円調達 開発自動化プラットフォーム「Jitera」β版とテクニカルサポートプランを提供開始
2022年11月30日、株式会社Jiteraは、総額約3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Jitera」のβ版と、テクニカルサポートプランの提供を開始したことも併せて発…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ