注目のスタートアップ

訪問看護・介護の訪問スケジュール調整を自動化するクラウドサービス「ZEST」を提供する「ゼスト」が7.6億円調達

company

2022年8月10日、株式会社ゼストは、総額約7億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ゼストは、訪問看護・介護・診療の最適な訪問スケジュールを自動割当するクラウドサービス「ZEST」を開発・提供しています。

訪問看護などにおけるスケジュール調整では、シフト、利用者の希望、スタッフの技能・スキル、最短ルート、勤務時間など、さまざまな要素を考慮する必要がありますが、「ZEST」はこれらすべてを顧慮したスケジュールを自動作成することを最大の特徴としています。

これにより、月40時間かかっていたスケジュール調整が、月1.6時間へと大幅に短縮されます。

また、人・時間のリソースを最大化するため、空いたリソースによって訪問を増やすことができ、売上アップを実現します。

今回の資金は、体制・品質強化、新規サービス・新機能の開発に充当します。

訪問看護や訪問介護では効率的な訪問スケジュールの作成が重要です。

訪問スケジュールの作成は、訪問先の希望、訪問時間、勤務時間、スタッフのスキル、ルートの最適化など、さまざまな要素を考慮する必要があります。

しかし、多くの場合、訪問スケジュールは管理者・担当者によってエクセルなどの表計算ソフトを利用して作成されており、非常に負担のかかる業務となっています。

ゼストは、この訪問スケジュールの課題を解決するため、訪問スケジュールを最適化するクラウドサービス「ZEST」を提供しています。

単純なルート最適化だけでなく、希望の訪問時間や訪問スタッフの性別希望など利用者側の希望、スタッフのスキルや勤務時間など訪問者側の事情をすべて考慮し、スケジュールを最適化することが特徴です。

2021年10月時点では、在宅介護を受けている人は約400万人で、施設利用者は約96万人となっています。

在宅介護を受ける人のほうが多いため、その分訪問介護のニーズも高いといえます。

また、今後介護や医療を受けることになる場合に自宅での介護・療養を選ぶ人の割合が高いこともいくつかの調査でわかっています。

そのため高齢化の進展によって、訪問介護・訪問看護のニーズは高まり続けると考えられます。

スタートアップや中小企業はコストの面から複数のサービスを導入することが難しいかもしれません。そのためもっとも負担がかかっている業務から効率化することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ZEST シフト スケジュール ゼスト ルート 作成 最適化 株式会社 自動化 訪問介護 訪問看護 訪問診療 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スタートアップ向け融資事業「Flex Capital」や個人向け積み立てアプリを展開する「Fivot」が10億円調達
2022年9月21日、株式会社Fivotは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Fivotは、スタートアップ向け融資事業「Flex Capital」や、個人向け積み立てアプリ「ID…
子育て向け決済サービスを提供する「MEME」が7,000万円調達
2024年3月12日、株式会社MEMEは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 MEMEは、親子向けお金のアプリ「manimo」や、学校向け集金サービス「スクペイ」(β版)を開…
子ども向けオンライン英会話スクールやオンラインダンススクールを運営する「ハグカム」が資金調達
2022年6月1日、株式会社ハグカムは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社旺文社ベンチャーズと、SOLIZE株式会社です。 子ども向けオンライン英会話スクール「GLOBAL C…
屋内空間専用の産業用小型ドローン「IBIS」を開発・提供する「Liberaware」が資金調達
2023年6月5日、株式会社Liberawareは、資金調達を実施したことを発表しました。 Liberawareは、屋内空間専用の産業用小型ドローン「IBIS(アイビス)」を開発・提供しています。 直…
フード・シェアリング・サービス「TABETE」展開の「コークッキング」が資金調達
2020年8月13日、株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店や小売店で廃棄されてしまう食事と、テイクアウト購入したい消費者とをマッチングするサービス「TABETE」を…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】