注目のスタートアップ

政策づくりのDX「issues」が6,500万円調達

company

2021年11月1日、株式会社issuesは、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

政策づくりのDXを推進する「issues 〜くらしの悩みをみんなで解決〜」を運営しています。

「issues」は、政治家と市民をつなげるコミュニティです。

運営事務局が、賛否双方の立場の論拠や参考データをもとに政策トピックを設定しており、そのトピックにワンタップで自分の要望を登録することができます。

入力した要望は実際の市民ニーズとして地元の政治家に届き、政治家は自身の活動や政策立案の参考とします。

また政治家からは取り組みの内容や進捗などが届きます。

特定の政党に偏らないよう、利用を希望する現職の区議・市議であればすべての人が利用することができます。

2021年11月現在、議員70人以上が登録しています。

今回の資金は、組織拡大、プロダクト改善、マーケティング強化などに充当されます。

スマートフォンの世帯保有率は2019年に8割を超え、多くの人々がインターネットにアクセスできる環境となりました。

しかし、自治体が市民ニーズを把握する方法は、手紙、FAX、窓口でのヒアリング、市民団体からなどが主であり、インターネットはまだあまり活用されていないことが課題となっています。

福岡市では2017年4月から、配信システムや配信運用等の技術的検証や利用者ニーズの調査・把握などの目的で「福岡市LINE公式アカウント」の実証実験運用を開始しています。

ごみの分別方法や子育てなどの生活情報、避難所やハザードマップなどの防災情報、道路や公園などの不具合を報告できる機能などを備えています。また、アンケート機能によって市民ニーズを汲み上げることにも活用されています。

「福岡市LINE公式アカウント」は、2021年1月時点で友達登録数175万人と、福岡市の人口160万人を超えるユーザーを獲得しています。

このように福岡市の大きな成功もあり、インターネットを活用した情報発信・市民ニーズの把握は非常に有効であることがわかります。

ビジネスにおいてもニーズを捉えることは非常に重要です。近年はSNSの普及によりユーザーの生の声を集めやすくなっています。「冊子版創業手帳」では、SNSの活用法などマーケティングに関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX issues コミュニティ 市民ニーズ 政策 株式会社 自治体 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が100億円調達 米国事業加速へ
2019年11月19日、スマートニュース株式会社は、総額100億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ニュース・アプリ「SmartNews」を運営しています。 ダウンロード数は、日米合算で5,0…
障害者手帳アプリ「ミライロID」やユニバーサル・デザインのソリューション提供の「ミライロ」が3億円調達
2021年4月2日、株式会社ミライロは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 障害者の視点から、ユニバーサル・デザインのソリューション提供や、障害者手帳アプリ「ミライロID」を運営を行っ…
「Surpass」による企業の女性活躍・ダイバーシティにおける課題解決を支援する「女性活躍推進総研」が正式リリース
2021年9月9日、株式会社Surpassは、「女性活躍推進総研」を正式リリースしたことを発表しました。 「女性活躍推進総研」は、これまで培ってきた女性育成ノウハウを活かし、企業の女性活躍・ダイバーシ…
専門医による遠隔集中治療ソリューション提供の「T-ICU」が1.53億円調達
2021年1月5日、株式会社T-ICUは、総額1億5,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 遠隔ICU(集中治療室)システムを提供しています。具体的には以下のサービスを提供しています。 …
AIインカムアプリ「RECAIUSフィールドボイスインカム」を提供する「ボイット」が1億円調達
2024年5月15日、ボイット株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ボイットは、AIインカムアプリ「RECAIUSフィールドボイスインカム」を提供しています。 2023年10…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】