注目のスタートアップ

ジュエリーブランドを展開する「HASUNA」が結婚式場を運営する「エスクリ」と資本業務提携

company

2023年3月28日、株式会社HASUNAは、株式会社エスクリと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

HASUNAは、エシカルジュエリーブランドとして結婚指輪・婚約指輪をはじめとしたジュエリーブランドを展開しています。

エスクリは、東京23区や政令指定都市を中心とした利便性の高い場所で挙式・披露宴を運営しています。

今回の提携により、エスクリの顧客へのHASUNAブライダルジュエリーの販売や、オリジナル商品の共同開発、HASUNA顧客に対するエスクリ会場施設の案内などを行います。


ブライダル業界は、コロナ禍によって結婚式の延期・中止・縮小などが相次ぎ、大きな打撃を受けました。

また、そもそもの若年層人口の減少により結婚する件数も減少が続いていることも課題となっています。

ピークだった1972年の婚姻件数は約110万組だったのですが、2018年には過去最低を更新し、約58.6万組にまで減少しています。

一方、結婚式に対するこだわりは年々強くなっており、2000年代初頭の挙式・披露宴・披露パーティー総額は260万円程度だったものが、2019年には380万円近くまで上昇しています。

今後ブライダル業界では、周辺サービス・事業者とのさらなる連携による新郎新婦が望む結婚式の実現と、それによる顧客満足度の向上などが重要になってくると考えられます。

そんな中、HASUNAは、国内初のエシカルジュエリーブランドとして事業を展開しています。

2014年には、国際的非営利組織RJC(責任あるジュエリー協議会)の認証を、日本企業として初めて取得し、鉱山から小売のジュエリーのサプライチェーン全体において、透明性が高く、人権・社会・環境に配慮した倫理的な事業を行っていると認定されています。

ジュエリーに利用されるダイヤモンドやゴールドなどの鉱物資源は、武力勢力や反政府組織の資金源となっている紛争鉱物を原料としていることも多く、国際的な問題となっています。

また紛争鉱物ではなくとも、採掘の現場では児童労働などの人権の問題が横行していることも多く、こういった社会問題の解決が求められています。

エシカルジュエリーは、フェアトレードによって取引された原材料などを利用している、採掘の現場において人的搾取がない、アップサイクルに取り組んでいる、現地への支援を行っているなどの特徴を持ったジュエリーです。

SDGsの推進により、市場ではこうした倫理性のあるプロダクトへの注目が高まっているという流れもあり、特別な日を作るブライダル業界ではエシカルな取り組みがスタンダードとなってくると考えられます。

コロナ禍や消費行動の変化などにより市場に大きな変化が訪れています。そのため市場の変化を見定めて新たなサービスを生み出していくことが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HASUNA アクセサリー ウェディング エスクリ ジュエリー ブライダル ブランド 冠婚葬祭 宝飾品 披露宴 株式会社 結婚式 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

フリーランス向け賃貸与信アプリ「smeta」など運営の「リース」が7,000万円調達
2020年3月31日、リース株式会社は、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フリーランス向け賃貸与信アプリ「smeta(スメタ)」や、フリーランス向け家賃債務保証サービス「s…
学生の自主学習を支援する質問アプリを運営する「ラクモン」がオンライン家庭教師サービスを開始
2022年4月28日は、ラクモン株式会社は、2022年4月25日から、「Rakumon」アプリ(iOS/iPadOS向け)内において、オンライン家庭教師サービスの提供を開始したことを発表しました。 「…
暗号資産の金融機関として信頼性のあるサービスの提供を目指す「Next Finance Tech」が資金調達
2022年8月9日、株式会社Next Finance Techは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、独立系ベンチャーキャピタルのANRIです。 Next Finance Techは、ゴ…
植物工場スタートアップの「スプレッド」が40億円調達
2022年8月2日、株式会社スプレッドは、総額40億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スプレッドは、2006年に京都で創業した植物工場スタートアップです。 2007年に京都府亀岡市で「亀岡プ…
サテライト・オフィス契約サービス「かんたんサテライトオフィスサービス」が開始
2019年7月18日、株式会社スペースマーケットは、「かんたんサテライトオフィスサービス」を開始したことを発表しました。 「かんたんサテライトオフィスサービス」は、法人向けの、従業員向けサテライト・オ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】