工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」運営の「ファースト・オートメーション」が1億円調達

company

2021年10月29日、株式会社ファースト・オートメーションは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」の開発・運営や、工場自動化提案コンサルサービスの提供、自動化・ロボット専門情報サイト「ROBoIN」の運営などを行っています。

「ROGEAR」は、工場自動化(ファクトリーオートメーション)設備の取引において、ロボットSIer-クライアント間の認識ズレをなくすことを目的としたプロジェクト管理SaaSです。

仕様書などの資料作成機能によりドキュメントを標準化することで仕様内容の認識ズレを削減します。

また、プロジェクト・ドキュメントの一元管理機能や、資料共有機能により業務効率化も図ることができます。

今回の資金は、さらなるプロダクト開発や、CTOの採用、組織体制の強化に充当されます。

工場自動化(ファクトリーオートメーション、FA)とは、製造業における受注・設計・製造・検査・出荷といったすべてのワークフローにおいてロボットといったハードウェアの導入や、ソフトウェアの導入によって自動化を目指すことを指します。

ロボット・機械を導入していない工場は皆無といっていいでしょうが、FAでは工場における各種設備機器と人間を有機的につなぐことにより、工場全体の自動化・効率化・省人化を実現することを目的としています。

そのためFAでは、まずその工場の課題を洗い出し、全体的なつながりを見据えながら仕様を決定しなくてはなりません。

一部が破綻すると全体に差し支えがあるため、何度もコミュニケーションを行い仕様を決定することとなりますが、コミュニケーションが上手くいっていない場合、手戻りや、仕様漏れ、さらには案件ブレイクが発生してしまいます。

しかしFAを担当するロボットSIerでは、仕様打ち合わせの方法が確立されていないことが多く課題となっています。

製造業以外でもDXの推進は大きな課題です。しかし創業期はまだなにも導入されていないまっさらな状態であるため、自らの使いやすいように最新のシステムを導入することができます。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX SaaS ファクトリー・オートメーション プロジェクト管理 ロボット 仕様書 工場 株式会社 自動化 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

建設・土木の生産支援クラウド運営の「フォトラクション」が1億円調達
2019年3月29日、株式会社フォトラクションは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設・土木向け生産支援クラウド「Photoruction」を運営しています。 データ整理や資料作…
量子アニーリング研究開発ソリューション提供の「シグマアイ」が4億円調達
2019年12月3日、株式会社シグマアイは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 B2B向けに、量子アニーリング・マシンを活用した総合ソリューションを提供しています。 具体的には、量子…
「i-nest capital」のエンターテインメント&ライフスタイル領域を支援する第1号ファンドが総額73億円で組成完了
2020年12月4日、i-nest capital株式会社は、運営・管理する「i-nest1号投資事業有限責任組合」が運用総額73億円でファンドの組成を完了したことを発表しました。 「i-nest1号…
「あせまねライフ」が株式投資体験アプリを活用した社員研修サービスを4月から提供開始
2021年2月23日、あせまねライフ株式会社は、「賢者のポートフォリオ」を活用した社員研修サービスを証券会社等の社員向けに2021年4月から提供する予定であることを発表しました。 「賢者のポートフォリ…
テナントと店舗物件をマッチングする「テナンタ」が6,000万円調達
2019年11月13日、株式会社テナンタは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 店舗物件を探しているテナントと物件をマッチングするプラットフォーム「テナンタ」を運営しています。…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ