注目のスタートアップ

学生向けのオンライン教育エコシステム「JISSEN-chi」を運営する「VARIETAS」が7,000万円調達

company

2021年10月29日、株式会社VARIETASは、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

学生向けのオンライン教育エコシステム「JISSEN-chi(ジッセンチ)」を運営しています。

世界で注目されている、アートやプロジェクト活動を大切にする教育実践法である「レッジョ・エミリア教育」をベースにした教育エコシステムを運営しています。

オンライン上に学生主体で運営される組織“街”を構築し、実社会に似た環境で創作活動やプロジェクトを実施できる場を用意します。

学生は、街のなかに自分の興味・意思を起点とした“お店”を出店することや、既存の“お店”に参加することができます。

他メンバーの“お店”が提供するサービスを享受する代わりに、自身も“お店”を通じてサービスを提供します。

このサービスの提供を通じて、アウトプットの改善を重ねていき、学生時代の“代表作”をつくることを目的としています。

VARIETASは、“お店”の出店・運営のサポートやフィードバック体制などを含めたカリキュラムも提供します。

組織から個人へと時代は大きく変わっているといわれています。

終身雇用制の崩壊や、副業の解禁、多様な働き方の解禁などにより、人々は自らキャリアを切り拓いていく必要があります。

AIなどの最新のテクノロジーは世界を大きく変革させる力をもっており、将来的に多くの仕事はAIに代替されてしまう可能性もあります。

そのため、今後の人間は自らが価値を創出し提供していくことが重要です。

この時代の流れを鑑みて、世界では教育方法も大きく変化しています。

もっともメジャーな教育概念に、STEAM教育があります。

Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり)、Art(芸術・リベラルアーツ)、Mathematics(数学)の5つの領域を重要視する教育法です。

従来はArtを抜いたSTEM教育として知られていましたが、創造力の重要性が高まったことにより、STEAM教育となりました。

日本ではまだSTEAM教育を実践している教育現場は少ないのですが、生徒ひとりひとりに端末を支給するGIGAスクール構想が実施されるなど、着実に教育現場では変革が起きています。

しかし現状では児童・学生などに対して、創造力を発揮させる場、支援を行う場は充分に整備されてはいません。

「JISSEN-chi」は主に大学生向けに提供されていますが、中学校での活用事例もあります。今後、どのように実績を重ね、評価されていくのか注目が必要です。

創造性は起業家にとって重要な要素のひとつです。「冊子版創業手帳」では、成功している起業家のインタビューを多数掲載しています。先人の思考やアイデアを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ JISSEN-chi VARIETAS アート エコシステム ジッセンチ プロジェクト レッジョ・エミリア教育 学生 教育 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クロスボーダー・マーケティングと越境EC事業の「トレンドExpress」が7億円調達へ
2019年10月29日、株式会社トレンドExpressは、資金調達を実施することを発表しました。 中国を中心とする消費者ビッグ・データをベースに、クロスボーダー・マーケティング事業と、越境EC事業を展…
専門医による遠隔集中治療ソリューション開発の「T-ICU」が1.53億円調達
2019年10月15日、株式会社T-ICUは、総額1億5,257万円の資金調達を実施したことを発表しました。 専門医による遠隔集中治療ソリューションを開発・提供しています。 遠隔地から集中治療医や専門…
次世代太陽電池を開発する「エネコートテクノロジーズ」が資金調達
2022年5月23日、株式会社エネコートテクノロジーズは、資金調達を実施したことを発表しました。 エネコートテクノロジーズは、次世代太陽電池であるペロブスカイト太陽電池の開発を行う、京都大学発スタート…
廃棄素材を使用したクラフトジンの生産などの蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ」が1.4億円調達
2021年6月16日、エシカル・スピリッツ株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所の運営を行っています。 日本酒…
デジタルファブリケーション技術を活用した建築設計事業などを手掛ける「VUILD」が1.4億円調達
2022年7月29日、VUILD株式会社は、総額約1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、コクヨ株式会社、小豆島ヘルシーランド株式会社、株式会社スピーディ、野原ホールディ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ