独自開発有機培土と高機能環境制御ハウスにより高糖度ミニトマトを生産・販売する「OSMIC」が「三菱地所」と資本業務提携

tips

2021年10月19日、株式会社OSMICは、三菱地所株式会社と資本業務提携に合意したことを発表しました。

これにより、三菱地所とOSMIC創業者を引受先とした第三者割当増資により、総額約12億5,000万円の資金調達を実施しました。

OSMICは、独自開発の有機培土と高機能環境制御ハウスにより高糖度ミニトマトを生産・販売しています。

販売においては、OSMICブランドとしてスーパーマーケットや百貨店などに卸しているほか、インターネットにより規格品・加工品販売を行うD2C事業も展開しています。

これまでは、農業資材の提供から農産物の栽培・販売をパッケージ化して提供することにより企業の農業参入を支援し、提携圃場を増やすことで事業拡大をしていました。

今後、OSMICが直接管理・栽培する圃場を拡大することで、品質・収穫量の安定的拡大と、品質に見合ったブランディングを行います。

また、高糖度ミニトマトにつぐ新商品の開発を進め、総合型農業企業を目指します。

日本では高齢化・後継者不足による農業人口の減少は大きな課題となっています。

そのため、大規模経営による省力・低コスト生産体型の確立や、ICT・ロボット・センサー技術などの先端技術の活用が必要です。

農業ではテクノロジーの活用が遅れていたため、多くのベンチャー企業が参入できる余地があり、注目度の高い市場となりました。

いままで農業に関わっていなかった大手企業の参入も増えており、スケールの大きな取り組みも増えています。

農業xテクノロジーであるアグリテックには、AI、IoT、ドローンなどを活用することにより、従来型の農業を省力化し、収益性を向上させるものであるというイメージがあります。

一方で、アグリテックでは、農作物にとって最適な環境を屋内に構築し、人工的に大量生産を行う“植物工場”も推進されています。

植物工場は、季節や天候に左右されることなく安定生産を実現できるため、未来の農業のひとつの形として、世界じゅうで研究開発がつづけられています。

しかし植物工場はコストがかかるだけでなく、まだノウハウも確立されていないため失敗事例も多くなっています。

植物工場のノウハウを確立するには、実際に植物工場を稼働させることが必要となるため、生産物の高付加価値化などにより、黒字化を目指す取り組みが目立ちます。

研究開発には潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ D2C OSMIC アグリテック ブランディング ミニトマト 三菱地所 有機培土 株式会社 資本業務提携 農業
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

医療機関向け業務効率化アプリ「MyHospital」提供の「プラスメディ」が資金調達
2020年2月28日、株式会社プラスメディは、資金調達を実施したことを発表しました。 医療機関向け業務効率化アプリ「MyHospital」を開発・提供しています。 通院に関わる診察予約から、会計や電子…
不動産業向け管理・編集SaaS「Forest」運営の「オープンルーム」が2,500万円調達
2020年2月27日、株式会社オープンルームは、2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産業向け管理・編集SaaS「Forest(フォレスト)」を開発・運営しています。 物件図面の…
ロイヤリティフリーのストックミュージックサービス「Audiostock」運営の「オーディオストック」が6.7億円調達
2021年11月24日、株式会社オーディオストックは、総額6億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ロイヤリティフリーのストックミュージックサービス「Audiostock(オーディオ…
場・イベント・Webなどジャンルレスでクリエイティブ事業を展開する「BAKERU」が2億円調達
2020年10月19日、株式会社BAKERUは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、対話型推理劇体験コンテンツ「Murder Mystery(マーダーミステリー)」を都内3店舗…
「TechMagic」が1杯30秒で冷えたドリンクを作る飲食店向けロボットを開発中
2021年5月10日、TechMagic株式会社は、飲食店向けにアルコール・ドリンクを自動で提供するロボットの原理検証 (PoC)が完了し、実証実験に向けて調整を進めていることを発表しました。 ロボッ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ