注目のスタートアップ

夜間・休日の臨時往診バックアップサービス「ON CALL」を提供する「on call」が資金調達へ

company

2022年10月31日、株式会社on callは、資金調達とブランドロゴの刷新を実施することを決定したことを発表しました。

on callは、在宅医療クリニックに特化した夜間・休日の臨時往診バックアップサービス「ON CALL」を提供しています。

夜間・休日対応のコールセンターを代行し、患者・介護施設からの電話対応を行います。

患者宅・介護施設への往診が必要な際に、往診ディレクター(看護師)と医師が2名体制で業務にあたります。

2022年4月1日から、東京都23区においてサービスを提供しています。

今回の資金は、システム開発の加速、人材採用の強化などに充当します。

在宅医療には、医師が定期的に施設・自宅を訪問し、定期診療を行う「訪問診療」や、訪問看護ステーションから看護師などが療養を必要とする患者の自宅・施設に訪問しケアを行う「訪問介護」、理学療法士・作業療法士などが在宅患者を訪問しリハビリテーションを提供する「訪問リハビリテーション」などいくつかの種類があります。

また、定期的な訪問以外にも、患者の突発的な体調変化などに対応する「往診」があります。

訪問診療・訪問看護では、在宅で療養する人の急変などの緊急時に備えるため、24時間365日対応できるよう待機するオンコール(夜間オンコール)という業務があります。

オンコールでは、急変時に、本人・家族・夜間対応しているヘルパーなどから電話がかかってきたものを受け付け、電話越しで対応できるものは対応し、そうでない場合は現地に行き適切な対応をします。

オンコールの頻度自体は多くなかったとしても、オンコールを担当する日はいつ電話がかかってくるかわからないため精神的に休まらず、睡眠についても質が悪いということが研究によって明らかになっています。

そのため近年は現場の負担を減らすため、オンコールを外部に委託するクリニック・施設が増えています。

高齢者の増加により在宅医療を希望する人も増加することが予測されているため、オンコールのアウトソーシングサービスは、今後もその需要が高まっていくと考えられます。

人材不足は医療業界に限らず大きな問題となっています。創業期はフットワークの軽い運営が求められるため、事務作業などノンコア業務はアウトソーシングすることが重要です。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ on call アウトソーシング コールセンター サービス 介護 介護施設 代行 休日 医師 医療 在宅医療 夜間 夜間オンコール 往診 株式会社 看護師 訪問看護 訪問診療 資金調達 電話対応
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

地方中核都市の人材・組織の課題を解決するプラットフォーム開発の「NOKIOO」が資金調達
株式会社NOKIOOは、資金調達を実施したことを発表しました。 地方中核都市の人材・組織の課題を解決するためのHR事業を展開しています。 具体的には、浜松地域を中心とした子育て女性の社会参画コミュニテ…
飲食店向け予約システム「個人店のミカタ for Booking System」がリリース 7月まで無料に
2020年5月27日、株式会社フードコネクションは、「個人店のミカタ for Booking System」を、2020年05月18日から提供開始したことを発表しました。 「個人店のミカタ for B…
自然言語AI搭載アド・ネットワーク「CANDY」運営の「スリーアイズ」が資金調達
2020年1月17日、株式会社スリーアイズは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ディノス・セシールです。 自然言語AIを搭載するアド・ネットワーク「CANDY」を開発・運営して…
ロボットのエレベーターや自動ドアを利用したフロア間・エリア間移動を実現する「LCI」を提供する「Octa Robotics」が1億円調達
2022年10月6日、株式会社Octa Roboticsは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Octa Roboticsは、ロボット・建物設備間連携に特化したマルチベンダー型のインターフ…
LINE公式アカウントを活用したECショップ作成サービス「Atouch」を手がける「IRISデータラボ」が1.1億円調達
2024年4月1日、IRISデータラボ株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 IRISデータラボは、ネットショップ作成サービス「Atouch(アタッチ)」を開発・提…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】