アーティストやクリエイター向けデジタル・トークン発行管理プラットフォーム「utoniq core」運営の「ユートニック」が6,000万円調達

company

2020年7月1日、株式会社ユートニックが、6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、デジタル・トークン発行管理プラットフォーム「utoniq core(ユートニックコア)」をリリースし、利用受付を開始したこともあわせて発表しました。

「utoniq core」は、アーティストやクリエイター向けのデジタル・トークン発行管理プラットフォームです。

カードや、ステッカー、バッジなど、オリジナル・デザインのデジタル・トークンとして発行し、ファンはそれをコレクションすることができます。

デジタル・トークンには、動画、音源、写真などのコンテンツを収録することができます。また、シリアル番号管理により複製や不正な二次流通を防止するシステムとなっています。

また、アーティストごとの専用アプリや、専用サイトに対応しています。

ブロックチェーンなどの暗号化技術の進歩により、デジタル・トークンを発行して特定の経済圏を作り出す、トークン・エコノミーのサービスが近年いくつも誕生しています。

トークン・エコノミーは、見えない価値を可視化することができるため、クリエイターとファンの関係を築くことに親和性があります。

スマートフォンの普及や、SNSの流行により、Webを舞台とした新たなクリエイターが誕生しており、トークン・エコノミーを活用したサービスは、クリエイターとそのファンにとってメインのプラットフォームとなる可能性を秘めています。

プラットフォーム・ビジネスは、掲載する企業や人、利用してくれる企業や人が多くなっていくことで成長します。そのため営業が非常に重要となってきます。「冊子版創業手帳」では、リソースが足りない創業期の営業活動を支援をしてくれるサービス・ツールを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ utoniq アーティスト クリエイター クリエイティブ デジタル・トークン プラットフォーム ユートニック ユートニックコア 作品 株式会社 管理 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ