ブロックチェーン事業を展開する「Opening Line」がセキュリティ対策に強みを持つSIer「ラック」と業務提携

tips

2022年6月13日、株式会社Opening Lineは、株式会社ラックと、業務提携契約を締結したことを発表しました。

Opening Lineは、さまざまな分野へのブロックチェーン技術の実装のため各種ソリューション・サービスの開発を行っています。

2022年上半期に、ブロックチェーンを活用したファイル送受信クラウドソリューション「Juggle(ジャグル)」を発表する予定です。

ラックは、セキュリティソリューションサービスや、システムインテグレーションサービスを展開しています。

また、ICTで街全体のセーフティと地域活性化を目指す「town」構想の実現のため、独創的な技術やアイデアを持つ企業との連携を進めています。

今回の提携により、「Juggle」製品化のための開発の加速や、「town」構想に必要なデータのセキュリティ確保のためのブロックチェーンの適用、協業による新サービスの共創開発推進を行います。

ブロックチェーンは暗号資産(仮想通貨)のコア技術として知られていますが、非中央集権の実現と改竄されていないことを証明できるという性質から、新たなインターネットのインフラになる技術であると考えられています。

ブロックチェーンはすでにビジネスでも活用されています。活用事例としては、スマートコントラクト(自動化された契約)の実装、サプライチェーンにおける製品情報の追跡(トレーサビリティ)、デジタルデータにおける権利・資産の管理などがあります。

また、ブロックチェーンはその仕組み上セキュリティ的に非常に強いため、サービスにブロックチェーンを活用することで高いセキュリティを確保することができます。

近年、企業に対するサイバー攻撃が急激に増加しており、情報流出による被害が大きくなっています。

企業は自社の情報だけでなく、顧客の情報も多く保有しておりため、サイバー攻撃の被害に遭ってしまうと、ステークホルダーにも損害を与えてしまいます。

また、企業ではDXが進み、さらに多くのデジタルツールを活用することになります。企業に蓄積されるデータも膨大な量になると考えられるため、情報セキュリティ対策はさらに重要なものとなっています。

適切なセキュリティの構築ができず顧客や社会に損害を与えてしまうと大きな損失となるため、事業活動・成長に必須のものと位置づけて取り組んでいくことが重要です。「冊子版創業手帳」では、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期に実施できるセキュリティ対策について詳しく伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Juggle Opening Line SIer クラウド セキュリティ ファイル ブロックチェーン ラック 情報セキュリティ対策 株式会社 送信
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

光パターン形成LED照明提供の「パイフォトニクス」が1億円調達
2019年12月26日、パイフォトニクス株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 パターン形成LED照明「ホロライト・シリーズ」の開発・製造・販売を手掛けています。 工場内の労働…
フリーランス向け報酬即日払いサービス提供の「yup」と複業募集プラットフォーム運営の「ドゥーファ」が業務提携
2021年3月30日、yup株式会社は、株式会社ドゥーファと業務提携契約を締結したことを発表しました。 yupは、フリーランス向けに報酬即日払いサービス「先払い」を提供しています。 ドゥーファは、複業…
アフリカの未電化・未電波地域に電気・通信を届ける「TUMIQUI」を展開する「シュークルキューブジャポン」が資金調達
2022年6月30日、株式会社シュークルキューブジャポンは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、関西電力グループのコーポレートベンチャーキャピタル・合同会社K4 Venturesと、シブ…
発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」が18.5億円調達
2021年4月19日、DAIZ株式会社は、総額18億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 これは、2021年3月25日に発表した農林中央金庫からの出資も含まれています。 DAIZは、…
「あめつちデザイン」が宿をショールームにできる新サービス「体験Eコマース」をリリース
2022年5月17日、あめつちデザイン株式会社は、「体験Eコマース」を「渓流荘しおり絵」(長野県松本市)において、2022年5月6日から提供開始したことを発表しました。 「体験Eコマース」は、宿泊施設…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ