AI契約書レビュー支援ソフトウェア提供の「LegalForce」が30億円調達

company

2021年2月17日、株式会社LegalForceは、総額約30億円の資金調達を実施したことを発表しました。

AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」や、クラウド契約書管理システム「Marshall」を提供しています。

「LegalForce」は、自然言語処理により、契約書に潜んでいるリスクの発見や、修正条文例のリサーチ、契約書管理などにより、契約書業務を支援するサービスです。

今回の資金は、開発体制、営業体制、認知獲得の強化に充当されます。

法務領域は、高い専門性や煩雑な書類処理のせいで、効率化が進みにくいとされていました。

しかしAI技術の進化により、自然言語も処理できるようになり、契約書レビューを効率化できるサービスが登場しました。

このようなサービスはスタートアップでも導入できるため、創業期からガバナンスを意識した経営を行うことができます。

「冊子版創業手帳」では、創業期における気をつけておくべき法律について詳しく解説しています。また、無料で弁護士などの専門家も紹介していますので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI LegalForce Marshall リーガルテック 契約書レビュー 株式会社 自然言語処理 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

シフト管理SaaSサービス「らくしふ」運営の「クロスビット」が2億円調達
2020年9月28日、株式会社クロスビットは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 シフト管理SaaSサービス「らくしふ」を運営しています。 LINEを使い、シフト管理の効率化と従業員の…
クラウド型営業支援ツール「Senses」を提供する「マツリカ」が1.3億円調達!
平成29年8月21日、株式会社マツリカは、総額約1億3000万円の資金調達を実施しました。 組織ナレッジ活用型次世代営業支援ツール「Senses」を運営しています。 SFA や、CRM などと同じよう…
マルチ決済プラットフォーム「elepay」開発の「ELESTYLE」が8,460万円調達
2019年7月30日、ELESTYLE株式会社は、総額8,460万円の資金調達を実施したことを発表しました。 シンプルなコード記述だけで国内外で主要なモバイル決済サービスが利用できるプラットフォーム「…
将棋ウォーズを開発したAIスタートアップの「HEROZ」がマザーズ上場へ
HEROZ株式会社は、株式会社東京証券取引所より、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場を承認されたことを発表しました。 上場日は、平成30年4月20日を予定しています。 将棋AIなどの開発を通じて蓄…
ロボアドバイザー提供の「ウェルスナビ」が41億円調達
2019年11月7日、ウェルスナビ株式会社は、総額約41億円の資金調達を実施したことを発表しました。 全自動で国際分散投資を行ってくれるロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」を運営し…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ