注目のスタートアップ

上場企業の取締役会をDXするツール「michibiku」を提供する「ミチビク」が3.5億円調達

company

2024年2月14日、ミチビク株式会社は、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ミチビクは、上場企業の取締役会の運営効率化と見える化を同時に実現するツール「michibiku(ミチビク)」を開発・提供しています。

招集通知・議事録・電子署名・保管をワンストップでデジタル化します。

さらに会議の内容を定量的に見える化することで、会議の改善をサポートします。

今回の資金は、サポート体制の強化、導入加速を目的としたマーケティング・セールスの強化に充当します。


経済産業省は、2025年までに日本企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)に成功しなければ、最大で年間12兆円の経済損失が発生する可能性があると警告しています。これがいわゆる「2025年の崖」です。

2021年10月11日に公表された一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会の「大手企業におけるDX推進」の実態調査によれば、大手企業の8割以上がDXに取り組んでいることが明らかになっています。

一方で、DXに着手している企業の中でも、取締役会のデジタル化や業務効率化に焦点を当てた企業は多くはありません。

これは、取締役会のデジタル化や業務効率化が直接的に業績に影響しないことや、企業全体の中での優先順位が低いことによるものです。

しかし、2015年に策定されたコーポレートガバナンスコード以降、コーポレートガバナンスへの関心が高まり、取締役会の役割がますます重要視されています。

そして、日本の取締役会は、事務的な報告や承認決議が多く、中長期的な視点から企業価値の最大化に向けた議論を行うことが難しいという課題を抱えています。したがって、取締役会の効率化・見える化や、価値のある議論ができる場を整える取り組みが重要であるといえます。

ミチビクは、取締役会DXツール「michibiku」の提供を通じ、取締役会の業務効率化を通じて時間を創出し、価値ある議論が可能な環境を整える支援を行っています。

事業の成長には資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、創業期の資金調達について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB DX michibiku コーポレートガバナンス ツール プラットフォーム ペーパーレス化 ミチビク 効率化 取締役会 可視化 支援 株式会社 業務効率化 資金調達 運営
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

独自冷凍技術により地域のパン屋さんと消費者をつなぐ「パンフォーユー」が資金調達
2021年2月8日、株式会社パンフォーユーは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社ギフティとは、資本業務提携契約を締結しています。 パンフォーユーは独自開発の冷凍技術を活用し、個人向…
事業のスケールアップを総合支援するプラットフォームを展開する「Scalehack」と「CrossBorder」が業務提携
2023年8月23日、株式会社Scalehackは、CrossBorder株式会社と業務提携を締結したことを発表しました。 Scalehackは、事業のスケールアップを総合支援するプラットフォーム「S…
タクシー配車システムと配車センター委託事業展開の「電脳交通」が5億円調達
2020年10月8日、株式会社電脳交通は、総額5億円の資金調達を発表しました。 タクシー事業者向けに、クラウド型配車システムと配車センター・サービスを提供しています。 従来の配車(無線)システムは高額…
コミュニティ特化型オウンド・プラットフォーム「OSIRO」提供の「オシロ」が資金調達
2020年2月27日、オシロ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 コミュニティ特化型オウンド・プラットフォーム「OSIRO」を開発・提供しています。 ファン・コミュニティを運営するための…
デジタルアイデンティティ(ID)の管理と最適なサービスとのマッチングを実現する「Qwi」が資金調達
2022年9月30日、株式会社Qwiは、資金調達を実施したことを発表しました。 デジタルのアイデンティティ(ID)を管理し、独自の企業向け認証APIを提供することで企業のID認証の負担を大幅に軽減する…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】