ホログラムの基礎技術を開発する「Holotch」が2,500万円調達

令和2年3月30日、Holotch株式会社は、総額約2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ホログラムをリアルタイムに撮影・配信する基礎技術を開発しています。

ホログラム(立体映像)は、5G、VR/ARの時代のメディアとして注目を集めています。

エンターテイメントだけでなく、Web会議や営業、医療、教育などの領域での活用も考えられています。

VR/ARコンテンツはすでに普及の段階にあり、ヴァーチャル・タレントによるホログラムを使用したライブなども多数開催されています。

また、Microsoftから商用ARグラス「HoloLens 2」が発売されたのを皮切りに、Apple、Google、Facebook、SAMSUNGなども、一般消費者向けのARグラスを提供すると言われています。

ホログラム技術は多数開発されていますが、リアルタイムに配信する技術を提供している企業は世界にも数社程度しかないようです。Holotchは、基礎技術となる撮影から配信までの全工程を自社開発し、世界のホログラム市場をリードしていくことを目指しています。

最新技術の開発には、資金だけでなく、ベンチャー・キャピタルなどによる支援も必要となってきます。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャー・キャピタルから出資してもらうためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AR Holotch VR ホログラム ホロッチ メディア 基礎技術 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集