「ADDIX」と「たき工房」が共同で共創型商品開発支援サービス「MIXEED」をリリース

tips

2020年11月17日、株式会社ADDIXは、株式会社たき工房と共同で、「MIXEED(ミクシード)」をリリースしたことを発表しました。

「MIXEED」は、体験価値を重視した共創型の商品開発支援サービスです。

商品企画・開発に関わる企業・担当者を対象に、外部クリエイターのアイデア・スキルの提案とソーシャル・メディアのデータを活用し、商品企画から開発までのアイデアを提供するオープン・イノベーション型のサービスです。

新規プロダクトの開発だけでなく、既存商品に新たな体験・付加価値を与えることもできます。

新事業創出を目指すオープン・イノベーションは、事業アイデアやビジネス・モデルの開発から取り組む必要があるため、固定的な考えや、既存の関係先との間では生まれにくいものです。

そのため、より広く外部連携先や社外にあるアイデアやリソースを探すため、「MIXEED」などのサービスの支援を活用することが重要です。

将来的には、イノベーションのためのエコシステムの構築が今以上に進んでいくことが考えられるため、今のうちのオープン・イノベーションに取り組み、知見を蓄えておくことよいかもしれません。

展示会や商工会議所は新たな販路や、パートナーの発見に役立ちます。しかし、活用法を知っていなくては、最大限有効に活用することはできません。「冊子版創業手帳」では、展示会の活用法や、商工会議所の活用法のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ