昭和信用金庫インキュベーション施設「スタートアップえびす」入居者募集 11/20〆切

subsidy

昭和信用金庫が運営する「スタートアップえびす」の入居者の募集が発表されました。

「スタートアップえびす」は、昭和信用金庫が新しく運営するインキュベーション施設です。

JR恵比寿駅から徒歩3分の立地にある、昭和信用金庫えびす支店の5・6階に全6室が設けられています。7階はフリー・フロアとなっており、商談・打ち合わせなどに利用することができます。

対象者は、創業5年未満の法人・個人です。

料金は、月額4万円~7万円(5.73㎡~11.74㎡)と、市価の3分の1程度の家賃で入居することができます。

入居者への支援としては、常駐のインキュベーション・マネージャーによる相談の受付や、経営ノウハウの提供、入居者を対象としたセミナー、外部専門家との個別相談会の定期的な実施などを行います。

また、東京都の「創業助成金」(300万円)には、“都の認定を受けたインキュベーション施設への入居”が応募要件にあります。「スタートアップえびす」は都の認定を受けている施設のため、この助成金を狙う方にもおすすめです。

内覧会はすでに終了していますが、希望により問合せをすれば個別で内覧もできるとのことです。

入居には昭和信用金庫の審査がありますが、第1回の募集のためまだ認知度も低く、倍率も低いかもしれません。

第1回目の募集の締切は、2020年11月20日(金)です。

第2回目以降の募集は、第1回目の応募状況で検討するようです。

所在地:東京都渋谷区恵比寿1-5-7昭和信用金庫えびす支店5・6・7F

設備:デスク、椅子、電源コンセント(各室)、インターネット(無線LAN全室無料利用可)、トイレ、給水、業務用複合機

契約期間:3年間(ただし、審査により2年間に限り延長可能)

対象者:次の要件のいずれにも該当する法人または個人
(1)創業を予定または、創業後5年未満の法人または個人(個人事業主として創業後、法人化した場合、個人としての創業から起算します)
(2)事務所の確保が必要と認められ、インキュベーションマネージャー(IM)等による相談など、事業安定に向けた経営支援を必要とする意志のある方
(3)個人または法人にかかる諸税を滞納していないこと
(4)反社会的勢力に該当しない方
(5)宗教活動や政治活動を行わないこと
(6)外国人の方の場合、以下のいずれかの在留資格をもって本邦に在留していること(在留資格の詳細については、法務省又は入国管理局にお問い合わせください)
 ・出入国管理及び難民認定法「別表第2」に該当する方(永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者)
 ・出入国管理及び難民認定法「別表第1の2」の「経営・管理」に該当する方(在留カードのほか、入居を希望する施設で行おうとする事業についての就労資格証明書が必要)

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ インキュベーション施設 オフィス スタートアップえびす 創業 助成金 昭和信用金庫 経営相談
詳細はこちら

昭和信用金庫 インキュベーション施設「スタートアップえびす」(PDF)

オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

独自冷凍技術により地域のパン屋と消費者をつなぐ「パンフォーユー」が6億円調達
2022年6月1日、株式会社パンフォーユーは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 パンフォーユーは、独自の冷凍技術とテクノロジーを活用し、個人向けパン宅配サービス「パンスク」や、法人…
サッカー選手の本田圭佑氏が113億円規模のファンド設立へ
2018年7月18日、HONDA ESTILO株式会社は、本田圭佑氏が、ウィル・スミス氏とともに、1億ドル(約113億円)規模のベンチャーファンドを今月中に設立すると発表しました。 本田圭佑氏は、サッ…
「バカン」がオフィス向けコミュニケーション促進サービス「Keeple」をリリース
2022年2月4日、株式会社バカンは、東日本電信電話株式会社との共同検討による新サービス「Keeple(キープル)」の提供を開始することを発表しました。 「Keeple」は、オフィス向けコミュニケーシ…
最低賃金引き上げに助成金 10月から雇用調整助成金の要件が緩和
政府は、最低賃金の3%引き上げのため、企業の負担軽減策を講じます。 例年、最低賃金は10月に切り替わるため、「雇用調整助成金」の要件を10月から緩和し、12月までの激変緩和措置として一時的に負担を肩代…
クラウドファンディング構築SaaS「ENjiNE」が経済産業省「IT導入補助金2021」の対象ツールに採択
2021年9月9日、株式会社Relicは、提供する「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」が、「サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金(通称:IT導入補助…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ