「Widsley」と「みらいリレーションズ」が連携しコールセンター運営に向けたR&Dプロジェクトを開始

2020年8月25日、株式会社Widsleyは、株式会社みらいリレーションズと連携し、リモート環境下においてもセキュアに教育と運営が可能となる新たなコールセンター運営のR&Dプロジェクトを立ち上げることを発表しました。

Widsleyは、世界初の携帯回線で発信できるCTI「ComDesk(コムデスク)」を開発・提供しています。

みらいリレーションズは、超高速処理が可能なデータ解析モジュール「シナプスエンジン」を開発・提供しています。

今回のプロジェクトは、Widsleyが蓄積してきたデータと、みらいリレーションズの技術を活用し、暗黙知を含むコミュニケーションをデジタルとして捉えることを実現します。

たとえば、インバウンド型においては、過去のコールセンター対応のログを瞬時に解析し、顧客に適切な案内を提示することで、対応する人材のスキル差を最小限にし、アウトバウンド型においては、属人的だったものを、データ分析によって可視化し、組織間で共通のナレッジとして展開し、スキルの平準化を実現します。

これにより、リモート環境下においてもノウハウの共有が円滑になり、質の向上や、アウトバウンドの効率化を図ることができます。

サブスクリプション・サービスの普及により、コールセンターなど、企業と顧客をつなぎ顧客満足度を向上させることのできる業務の重要性は一層増しています。

そのためコールセンターに求められる業務も多様化・複雑化しています。またデータを蓄積し活用することも求められているため、コミュニケーションを可視化することのできる技術の需要は高まっていくことでしょう。

テクノロジーの進化により、アウトバウンド型のコールセンターなどのマーケティング業務は効率的に行えるようになっています。「冊子版創業手帳」では、ネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ ComDesk CTI Widsley カスタマー・サクセス コールセンター コムデスク シナプスエンジン データ解析 みらいリレーションズ

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ