不動産領域の資産運用・管理プラットフォーム提供の「WealthPark」が9億円調達

2020年8月5日、WealthPark株式会社は、総額9億700万円の資金調達を実施したことを発表しました。

保有不動産の管理・運用をサポートし保有不動産の価値の最大化を支援するアプリ「WealthPark」や、不動産管理会社とオーナーをつなぐデジタル・プラットフォーム「WealthParkビジネス」、インバウンド不動産投資を支援する「WealthParkアセットマネジメント」を開発・提供しています。

モバイル・アプリは、4言語(日本語・英語・繁体字・簡体字)で提供し、6カ国・地域でサービスを展開しています。

また、不動産管理会社向けのオーナー・コミュニケーション・ツールとしてのインフラとなることを目指し、住信SBIネット銀行や、PriceHubble、DocuSignと連携し機能強化を図っています。

今後、融機関との連携による電子取引利便性の向上や、各種手続きのオンライン化を計画しているようです。

賃貸住宅では、オーナーの高齢化が進んでおり、また近年急増している空き家の半数以上を占めていることから、オーナーによる自主的な管理が難しくなるケースが今後さらに増加すると考えられています。

そのため、不動産管理会社への需要や期待は高くなっていくとみられていますが、管理会社とオーナー、管理会社と入居者との間のトラブルが多く発生している現状があります。

理由としては、いまだFAXや電話対応などレガシーなコミュニケーション手段を利用していることが挙げられます。

人手不足が深刻になってきているため、業務効率化はすべてのビジネスにおいて重要です。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ WealthPark コミュニケーション プラットフォーム 不動産 不動産管理 株式会社 管理 資産 資金調達 運用

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ