注目のスタートアップ

中規模から大企業向けクラウドワークフロー提供の「kickflow」が資金調達

company

2022年3月8日、株式会社kickflowは、資金調達を実施したことを発表しました。引受先は、HENNGE株式会社です。

kickflowは、中規模から大企業向けのクラウドワークフロー「kickflow」を提供しています。

発注・押印・請求書の処理まで、社内ルールにあわせて柔軟な設定ができること、数千名規模に耐えられるような権限管理・ワークフローやチケット毎の閲覧・通知の柔軟な設定、他製品とのAPI連携を特徴としています。

組織内では、意思確認・意思決定のため、内容を書面でまとめ関係者に回覧してもらい承認を得るという方法がとられており、この一連の流れをワークフローと呼びます。

企業・組織が大きくなるほどワークフローには多くの課題が発生します。もっとも大きな課題に、関係者が多くなればなるほど申請・承認までに時間がかかることが挙げられます。

この課題を解決するため、ワークフローでは早くからデジタル化が進んでいました。

大企業では自社のワークフローに合ったオンプレミスのシステムを一から構築しているところが多く、管理・保守にコストがかかるものの、必要なものとして運用されていました。

しかし、新型コロナウイルス感染症の流行によってテレワークが普及したことで、既存のシステムでは回らない企業・組織が出てきてしまいました。

クラウド型であれば外部からもアクセスしやすいため、これを機にクラウド型ワークフローへの切り替えを考える企業も出てきました。

しかしクラウド型ワークフローは柔軟性に欠けていることが多く、中規模・大企業といった独自のワークフローが確立している企業では導入できず、結局オンプレミスのシステムを使うしかなく選択肢が少ない状況におかれています。

kickflowは、中規模・大企業にもクラウド型ワークフローの選択肢を提示するため、柔軟性を備えたクラウドワークフロー「kickflow」を提供しています。

大きな組織ではすでに利用しているシステムがあり、それを変更することには大きな労力が伴います。しかし創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HENNGE kickflow クラウド ワークフロー 大企業 株式会社 稟議 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ジャパンネット銀行」が「PayPay銀行」に社名を変更し営業を開始
2021年4月5日、PayPay銀行株式会社は、関係当局から商号変更に係る認可を取得し、2021年4月5日にジャパンネット銀行から社名を変更し、PayPay銀行として営業を開始したことを発表しました。…
パッケージ印刷プラットフォーム「canal」運営の「re」が5,600万円調達
2020年12月8日、株式会社reは、総額約5,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 パッケージ印刷プラットフォーム「canal(カナル)」を運営しています。 全国に提携印刷会社を有して…
「ライトアップ」が「ENECHANGE」と連携 補助金・助成金自動診断システム「Jシステム」のOEM提供を開始
2021年8月16日、株式会社ライトアップは、ENECHANGE株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ライトアップは、助成金自動診断ツール「Jシステム」や、補助金・助成金活用支援「Jコ…
コミュニティ特化型オウンド・プラットフォーム「OSIRO」提供の「オシロ」が資金調達
2020年2月27日、オシロ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 コミュニティ特化型オウンド・プラットフォーム「OSIRO」を開発・提供しています。 ファン・コミュニティを運営するための…
テレワーク人材マッチング・プラットフォーム運営の「Remoteoffer」とオンライン秘書サービス提供の「your team.」が業務提携
2020年10月16日、株式会社Remoteofferは、your team.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 Remoteofferは、リモートワーク・テレワーク人材に特化したSaaS型…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ