スタートアップカンファレンス「IVS2021 NASU」 11/17・18・19に開催決定

event

2021年10月25日、株式会社インフィニティベンチャーズサミットは、「IVS2021 NASU」を、2021年11月17日(水)〜19日(金)に開催することを発表しました。

「IVS」は、2007年秋から開催されている、招待制のカンファレンスです。

注目企業の経営者・経営幹部、投資家が一堂に会する、国内最大級のインターネット企業経営者のコミュニティです。

今回の「IVS2021 NASU」は、那須のリゾートエリア「那須高原TOWAピュアコテージ」の会場で開催されることが決定しました。

「開催日」
・2021年11月17日(水)〜19日(金)
「会場」
・那須高原TOWAピュアコテージ(栃木県那須郡那須町高久乙3375)

ビジネスにおけるカンファレンスとは、多くは大規模な会議イベントのことを指します。

イベント内でピッチコンテストが開催されることもあるほか、主催者がVCであったり、有名スタートアップであったり、テック系のメディアであったりと多種多様です。

多くのカンファレンスでは業界の最新情報や、著名な起業家・ベンチャーキャピタリストなどから、未公開の情報・ノウハウを得ることができます。

また、カンファレンスの性質上、起業家や投資家が多く集まるため、ネットワーキングイベントとしての側面もあり、交流イベントが組まれることもあります。

そのため、自身の見識を広げる場や人脈づくりの場として重要視している起業家も多いでしょう。

新型コロナウイルス感染症の影響によってここ数年はオンラインでの開催が目立ちましたが、ワクチン接種が進んだことや、緊急事態宣言が解除されたことにより、オフラインでの開催も増えています。

交流を目的とする場合はオフラインのほうが都合が良いことが多いため、貴重な機会を無駄にしないようにしましょう。

新たなビジネスは、他企業との連携により生まれる場合があります。「冊子版創業手帳」では、人脈を作るためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ IVS IVS2021 NASU インフィニティベンチャーズサミット カンファレンス スタートアップ 株式会社 起業家
詳細はこちら

次世代の起業家が集う国内最大級のスタートアップカンファレンスIVS。2021年は那須のリゾート地で開催決定!

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「メルカリ」がマザーズ上場初日で時価総額トップに
平成30年6月19日、株式会社メルカリは、東京証券取引所マザーズ市場に上場し、会見を開催しました。 上場初日、株式市場はそのメルカリを1株あたり5300円と評価しました。時価総額は約7172億円で、マ…
政策づくりのDX「issues」が6,500万円調達
2021年11月1日、株式会社issuesは、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 政策づくりのDXを推進する「issues 〜くらしの悩みをみんなで解決〜」を運営しています。 …
コミュニケーション・ロボット「OriHime」など開発の「オリィ研究所」が5億円調達
2020年10月15日、株式会社オリィ研究所は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下の製品・サービスを開発・提供しています。 ・遠隔操作で自由自在に動かせる小型分身ロボット「Ori…
【速報】IVS 2019 Summerin神戸開催! 「LaunchPad」優勝の「Funds」藤田雄一郎社長インタビュー
7月12日に兵庫県神戸市にて、毎年IVS が主催しているスタートアップの登竜門的なピッチイベント「Infinity Ventures Summit 2019 Summer Kobe (IVS Laun…
建築学生向けサービス「BEAVER」運営の「ArchiTech」が3,500万円調達
2021年5月24日、ArchiTech株式会社は、総額3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建築学生向けに、設計作品共有サービス・建築ソフト学習サービス・就活支援サービスなどを提供…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ