建設・土木の生産支援クラウド運営の「フォトラクション」が5.7億円調達

2020年5月27日、株式会社フォトラクションは、5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」を開発・運営しています。

データ整理や資料作成といった煩雑になりがちな業務を改善するため、「施工」フェーズにおいて、現場の写真のリアルタイム共有、定型黒板、図面共有・バージョン管理、工程表の共有、タスク管理など、「設計」フェーズにおける要件定義や基本設計、「調達」フェーズにおける積算・見積・発注を支援する機能を提供しています。

全国の工事現場だけでなく、アジア諸国を中心に海外工事現場での施工管理にも活用されています。

今回の資金は、「Photoruction」の開発体制や顧客サポート体制の強化、認知度の向上のためのマーケティング、建設業特化「aoz cloud(アオズ クラウド)」を活用した建設BPO事業(サービス名「Photoruction Eye」)の立ち上げに充当されます。

様々な業界において人手不足は大きな課題となっています。そのためICTの導入による業務効率化が必要となっています。

また建築業界は、専門性が高いため、経験のあるベテランが多く、新規就業者が低く、かつ年配就業者の離職が少ないため高齢化が進行しています。

そのため、建築業界でのICTは、業務効率化だけでなく、マニュアル・工程などの標準化や管理、映像分析による危険予知なども大きな必要性があります。

創業期は最新のICTの導入にうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ クラウド フォトラクション 土木 建設 支援 株式会社 生産 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ