クラウド型ホテル運営ソリューション提供の「SQUEEZE」が9億円調達

2020年4月1日、株式会社SQUEEZEは、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。

クラウド型ホテル運営ソリューションを提供しています。

ICTとクラウド・ワーカーを活用して省人化された宿泊施設の運営ノウハウを、機能ごとに分解して宿泊施設に提供し、宿泊施設の運営にかかる固定費を変動費化することで、損益分岐点を下げGOP(営業粗利益)を向上させるソリューションです。

ICTを活用することで非対面のチェックイン/チェックアウトが可能になり、また、オンライン・コンシェルジュによる多言語対応により、1拠点から複数宿泊施設の運営・管理が可能となります。

インバウンドや、東京オリンピック・パラリンピックの開催により、ホテルなどの宿泊施設の需要は高まっています。

宿泊業界では、働き手不足により定常的な人材確保が難しくなっています。そのため、業務効率を改善したり、宿泊施設運営を根本的に変えてしまうようなサービス・ソリューションが求められています。

どの業界でも人手は不足しています。企業の成長には人材の確保が欠かせませんが、創業期は資金不足などもあり、さらに人材確保は難しくなっています。「冊子版創業手帳」では、そのような人手不足を補うため、業務効率を向上させる社内システムの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ICT SQUEEZE クラウド ソリューション ノウハウ ホテル 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集